雇用とは

会社を創業して人を採用すると、「雇用」をする側の立場で法務的な意味を理解する必要がある。

雇用」とは、民法契約で、取引契約の内容は簡潔に言うと、双務取引で、
①被雇用者は雇用者に労働を提供する。 ②雇用者は被雇用者に労働の対償として賃金を支給する。
となる。

社員を採用する際には、社会保険労務士などの専門家に相談するのが良いだろう。

「雇用」に関連する記事一覧

キャリアアップ助成金「正規雇用等転換コース」を実際に申請してみた

厚生労働省「キャリアアップ助成金」正社員化コース受給前にすべき”2つのこと” (2016/11/05 更新) 起業家にとって、社員を雇うということは、会社の成長...続きを読む

キャリアアップ助成金「短時間労働者の週所定労働時間延長コース」のまとめ

社会保険の加入で非正規社員のモチベーションアップ!助成金も受給できるキャリアアップ助成金「短時間労働者の週所定労働時間延長コース」とは? ベンチャー・中小企業で...続きを読む

【第3話】はじめて社員を採用するときにやるべきこと -連続起業Web小説 「社労士、あなたに会えてよかった」-

(連載)独立起業前に読んで納得! 社員採用時に雇用契約書は必要? 社会保険・労働保険の加入条件は? -連続起業Web小説 「社労士、あなたに会えてよかった」-...続きを読む

作っただけじゃ終われない!「就業規則」作成と届出や周知の手続き

起業して初めて作る「就業規則」作成のポイントと、作成後に必要な届出や従業員周知などの手続きをまとめました (2014/11/21 更新) 起業直後の創業期のスタ...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料