資金調達手帳

【中国】「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金(エネルギー使用合理化等事業者支援事業)」

経済産業省中国経済産業局は、平成30年度「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金(エネルギー使用合理化等事業者支援事業)」について発表しました。

【工場・事業場単位】
「省エネルギー対策事業」:省エネ設備への更新・改修等、計測・見える化等の機能を備えたエネルギーマネジメントシステム(EMS)の新設により省エネを達成する事業。
申請要件:原油換算量ベースで、以下のいずれかを満たせば申請可能。
・計画省エネルギー率:1%以上
・計画省エネルギー量:1,000kl以上
・費用対効果:200kl/千万円以上
・計画エネルギー消費原単位改善率:1%以上

「ピーク電力対策事業」:蓄電池・蓄熱システム・自家発電設備の新設等により、電気需要平準化時間帯(ピーク電力時間帯)の電力使用量を削減する事業。
申請要件:ピーク時間帯の電力量ベースで、以下のいずれかを満たせば申請可能。
・計画ピーク対策効果率:5%以上
・計画ピーク対策効果量:190万kWh以上
・費用対効果:80万kWh/千万円以上
・計画ピーク対策原単位改善率:1%以上

「エネマネ事業」:SIIに登録された計測・見える化等の機能を備えたエネルギーマネジメントシステム(EMS)を用いて、エネマネ事業者と「エネルギー管理支援サービス」を契約し、より効果的な省エネ対策を実施する事業。
申請要件:事業所単位等で「EMSの制御効果」と「省エネ診断等の運用改善効果」で以下のいずれかを満たせば申請可能。
・計画省エネルギー率:2%以上。
・計画ピーク対策効果率:10%以上。

補助金は、上限15億円・経費の1/3以内など。

【設備単位】
以下の既設設備を一定以上の省エネ性の高い設備に更新する事業。
「高効率照明」「高効率空調」「産業ヒートポンプ」「業務用給湯器」「高性能ボイラ」「高効率コージェネレーション」「低炭素工業炉」「変圧器」「冷凍冷蔵設備」「産業用モータ」
補助金は、上限3,000万円・経費の1/3以内。

対応地域 山口岡山島根広島鳥取
対応業種エネルギー・環境ものづくり・技術研究開発/商品・サービス開発設備
募集期間2018/5/28 から 2018/7/3 まで

詳細情報はこちら

平成30年度「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金(エネルギー使用合理化等事業者支援事業)」の公募及び公募説明会の開催について

この記事のコメント

資金調達に実績のある税理士・専門家をご紹介します

資金調達の各種制度は、期間・対象者・条件などが予告なく変更されることがあります。
また、会社の状況によって受けられる額も変わります。まずは、専門家に相談(無料)してみましょう。

お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
会社設立日必須

ご相談種類必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。


  • 地域から探す
  • 業種から探す
  • 種類から探す

新着の資金調達情報

創業手帳冊子版(無料)