リコー、オムロンなどがテクノロジー系ベンチャーファンドを設立

平成28年2月24日、株式会社リコーオムロン株式会社SMBCベンチャーキャピタルは「テックアクセル1号投資事業有限責任組合(テックアクセルファンド)」の設立を発表しました。

リコーとオムロンは研究/開発部門、生産部門が連携する事業会社の垣根を越えた取組みによって、オープンイノベーション型支援を実施します。

ファンド規模は50億円で、投資領域はIoT・ビッグデータ、エレクトロニクス、情報通信などの関連分野でテクロノジーをベースとしたベンチャー企業です。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする