損金処理とは

損金処理とは、税法上でも損金として認められる費用の事であり、申告書上で加算されない為、企業の利益率を高める経理上の手法の1つである。損金処理する事で、会計上、費用として計上される為、課税対象外となるのである。

会社等の法人に掛かる税金は、収益から費用(損金)を差引いた額に、一定の税率をかけて算出する為、損金処理するメリットは、税金を圧縮する事が可能となる点である。

また、損金処理する事で企業利益が上がり、業績にも直結すると言われている。

しかしながら、国税局や税務署は損金処理した内容が、適正かどうか定期的に実地調査する為、決算処理に不自然な点があれば、修正が入る事がある。

読んで頂きありがとうございます。
より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

「損金処理」に関連する記事一覧

損金処理関連のQ&A

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ