労働保険とは

労働保険とは、労働者災害補償保険法による労働者災害補償保険(以下労災)及び雇用保険法による雇用保険の総称である。

労働保険という定義は狭義の意味であり、広義の意味では社会保険にも分類される場合がある。労働保険の労災は保険料を事業主のみの負担義務となり労働者への負担義務がないが、雇用保険については、労使折半負担で負担割合はほぼ半分ずつである。

業務上の負傷、疾病、障害、死亡、または失業時の生活費の補填が目的で労働保険制度の仕組みがある。ただし、共に少数ながら不正受給が問題になっており、この対策が課題となっている。この不正受給対策の一つとしてマイナンバー制度が期待されている。

「労働保険」に関連する記事一覧

あんなことやこんなことも!社労士に依頼できる仕事や業務のまとめ

社労士を120%使い倒す活用法 起業して事業が成長したら、人を雇用し、組織や制度を整えていかなければならない。その際は、ぜひ社会保険労務士(社労士)を活用したい...続きを読む

【第3話】はじめて社員を採用するときにやるべきこと -連続起業Web小説 「社労士、あなたに会えてよかった」-

(連載)独立起業前に読んで納得! 社員採用時に雇用契約書は必要? 社会保険・労働保険の加入条件は? -連続起業Web小説 「社労士、あなたに会えてよかった」-...続きを読む

起業家必見!知らないとヤバイ「社会保険」「労働保険」入門

社労士Hの「人を雇用すると発生する社会保険と労働保険のお金」に関する話 (2014/11/20 更新) ベンチャー事業を行うにあたっては、創業当初から社員を雇う...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料