自動車のビッグデータ解析の「スマートドライブ」が10億円調達!

平成29年4月5日、株式会社スマートドライブは、第三者割当増資により約10億円の資金調達を実施しました。

2010年9月以降に販売されたすべての自動車への搭載が義務づけられている「OBD-II」と呼ばれるコネクターに取りつけた専用のデバイスから、60項目ほどのデータを取得・解析し、それをもとに自動車保険の開発や走行データ可視化サービスなどを展開しています。

現在デバイスは、大手コンビニの配送車両など1万台以上に取りつけられています。

今回の資金調達は、将来的な事業提携を視野に入れた戦略的投資だとみられていますが、同社の代表取締役の北川烈氏は、おおきな業務提携にかかわるためまだ公表できないと発表しています。

カテゴリ 有望企業

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら