越境EC「豌豆プラットフォーム」運営のInagoraが2100万ドル調達!

Inagora株式会社は、第三者割当増資による2100万ドル(約24億円)の資金調達を実施しました。

日本商品特化型/ワンストップ型の中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営しています。

中国ユーザーに日本商品を売るだけでなく、日本商品や企業ブランドの魅力を伝え、日本のライフスタイルを提案する多角的なコンテンツを展開しています。

今回の資金は、人員の増強、コンテンツ制作部隊・設備の増強、SNSメディアや専門アプリ、個人ネットショップなどを束ねるネットワーク型戦略『越境EC2.0戦略』のための事業開発体制の強化・システム開発に活用される予定です。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする