【第3話】はじめて社員を採用するときにやるべきこと -連続起業Web小説 「社労士、あなたに会えてよかった」-

創業手帳

(連載)独立起業前に読んで納得! 社員採用時に雇用契約書は必要? 社会保険・労働保険の加入条件は?

syaroushi-story-fig1

-連続起業Web小説 「社労士、あなたに会えてよかった」-

本文を読む


【第1話】退職手続きと社会保険
【第2話】退職と会社設立、社会保険への加入

前回、ついに独立・起業を果たし、社労士 榊原の助けを得て、自身の社会保険や年金の手続きも無事済ませた。その後、創業から4ヶ月が経過し、竹田の会社は順調に成長していた。業務量が増え、1人では手が回らなくなってきて、竹田は社員を採用する必要性を感じ始めていた。大口の契約が決まったことをきっかけについに社員採用を決意。社員を採用する場合の注意点について、榊原に助言を求めることとなる。

【登場人物】

竹田 裕二(35) 起業家 (リンク・エデュケーション社長)

資格試験予備校「キャリアセミナー」の講師を経て、IT企業「イーデザイン」へ転職。現在は、オンラインスクール「リンク・エデュケーション」を起業するために奮闘している。

榊原 葵(32) 社会保険労務士(社労士) あおい労務管理事務所 代表

「トヨサン自動車」に勤務し、海外事業部や経営企画室など会社の中枢部門で活躍していたキャリアウーマンであったが、様々な仕事をこなしていく中で「企業は人なり」という言葉を実感し、社会保険労務士へ転進。持ち前のバイタリティで事務所経営を軌道にのせ、現在はスタッフ10名、顧問先200社を抱えている。

はじめて社員を採用する

ビジネスマン タブレットコンピューター 竹田が「リンク・エデュケーション」を起業して4ヶ月が経過した。 

 「リンク・エデュケーション」は、オンラインの資格試験の予備校というビジネスモデルであるが、DVDやストリーミングで講義を受講する会員の数は順調に増えていった。

 最初は、宅地建物取引士など、竹田がキャリアセミナー勤務時代に教えていた資格を、自分が講師として担当することからスタートしたが、持ち前の人脈の広さを生かして、社会保険労務士、行政書士、簿記、ファイナンシャルプランナーなどの資格についても、次々と担当講師をスカウトし、講義を収録してリリースを重ねていった。

 ところが、講座のラインナップが増え、会員数も伸びてくると、竹田一人ではさすがに顧客対応に手が回らなくなってきた。また、講座の運営そのものだけでなく、サイトの改善や、プロモーション活動なども後手に周りつつあることに危機感を感じ始めた。

 竹田は悩んでいた。1人で続けるのはもう限界が近いことは分かっている。社員を雇いたいのはやまやまだが、売上が伸びてきているとはいえ、これが続くという保障はない。社員を雇うのが先か、それとも多少無理してでももう少し売上を安定させるまで採用は見送るべきか・・・

 そのとき、オフィスの電話が鳴った。電話の発信元は、1ヶ月ほど前から打合せを重ねていた「新東京不動産」であった。リンク・エデュケーションの宅地建物取引士の講義を、社員研修のeラーニング教材として使うための打合せをしていたのだが、この案件について最終決裁が下りたという連絡が来たのだ。

 契約ID数は約300である。はじめての大口契約を獲得したのだ。竹田は、内心飛び上がりたい気持ちを抑え、丁重にお礼を言って受話器を置いた。
 電話を置いて一呼吸すると、これを機に社員を雇おうという覚悟も決まった。


創業手帳

カテゴリーから記事を探す