【第1話】退職手続きと社会保険 -連続起業Web小説 「社労士、あなたに会えてよかった」-

創業手帳

(連載)独立起業前に読んで納得!退職手続きの注意点は?退職後の社会保険は?

syaroushi-story-fig1

 資格試験予備校の講師を経て大手IT企業に転職した竹田裕二は、これまでの経験から新しいビジネスモデルを思いつき、起業への思いが日に日に高まっていた。しかし、会社の円滑な退職の仕方や、退職後の社会保険についてどうすれば良いのか分からず思い悩んでいた。そんなとき、ふとしたきっかけで竹田は社会保険労務士(社労士)の榊原葵と出会い、彼女のアドバイスを受けて独立への確かな一歩を踏み出すこととなる。

本文を読む

【登場人物】

竹田 裕二(35) 起業家 ((将来の)リンク・エデュケーション社長)

資格試験予備校「キャリアセミナー」の講師を経て、IT企業「イーデザイン」へ転職。現在は、オンラインスクール「リンク・エデュケーション」を起業するために奮闘している。

榊原 葵(32) 社会保険労務士(社労士) あおい労務管理事務所 代表

「トヨサン自動車」に勤務し、海外事業部や経営企画室など会社の中枢部門で活躍していたキャリアウーマンであったが、様々な仕事をこなしていく中で「企業は人なり」という言葉を実感し、社会保険労務士へ転進。持ち前のバイタリティで事務所経営を軌道にのせ、現在はスタッフ10名、顧問先200社を抱えている。

目次

起業への想い
退職後の手続きがわからない
榊原社労士との出会い
起業への決意

独立・起業への想い

独立・起業への想い 竹田裕二はもどかしい毎日を過ごしていた。
彼は都内の大手IT企業「イーデザイン」に勤めるサラリーマンである。社内では若くして法務担当の執行役員という責任ある立場を任され、充実した職場生活を送っていることは間違いない。会社に対して積極的な不満がないのも事実だ。
だが、数ヶ月前から「独立してやってみたいこと」が頭の中をチラつくようになり、その思いが日々大きくなってきていたのだ。

竹田の経歴をさかのぼると、現在の勤務先であるイーデザインに勤める前は、資格試験の予備校「キャリアセミナー」で講師をしていた。宅地建物取引主任者やマンション管理業務主任者、ファイナンシャルプランナーなど、不動産系・財務系の資格が、竹田の主な指導科目であった。

キャリアセミナーで学ぶ多くの受講生が社会人であり、忙しい仕事の合間を縫って学校に通ってくれていた。皆キャリアアップを目指して、限られた時間の中で熱心に勉強していたので、自分の教えた受講生が目標としていた資格試験に合格すると、自分のことのように嬉しかった。
しかし、その一方で、残業が増えたり、転勤を命じられたりして、学校に通うことや資格取得を途中で断念した受講生も少なくなかった。竹田は、それが残念でならなかった。

その後、竹田は縁あってイーデザイン社に転職し、ここ3年は目の前の仕事をこなすことで精一杯だったのだが、半年前にイーデザイン社が無事に東証ジャスダックへの上場を果たしたことで、上場関連の仕事から解放され、ようやく一息つくことができた。その瞬間、ふと、予備校講師時代の思い出が頭によみがえってきたのだ。

イーデザインは、金融系のITシステムを開発することが主なビジネスである。銀行や証券会社を顧客とし、業務のオンライン化を助けてきた。具体的には、いつでもどこでも金融取引ができるネットバンキングやネットトレードが想像しやすいだろう。

竹田は、それと同様に考えれば、教育分野においてもITの仕組みを活用できる可能性はあり、予備校のオンライン化が実現できるのではないかということを思いついたのだ。

オンライン上でリアルの予備校に近い環境を再現できれば、受講生は通学時間を気にしなくて良いし、残業や転勤があったとしても、「いつでもどこでも」自分のペースで学習を続けることができる。mixiやfacbookのようなSNS機能も装備すれば、講師と生徒が掲示板やチャット、WEBカメラなどを通じて質疑応答など双方向コミュニケーションも取ることもでき、従来の通信教育と差別化を図ることも可能だ。

さらには、オンラインに特化すれば「校舎」という固定資産を持たないので、初期投資や月々の固定費も抑えることができ、ビジネスモデルとしても魅力的であった。固定費が安くなれば、授業料もリーズナブルに設定することができ、より多くの人に学びのチャンスを提供することもできる。

そのようなことを考えていくうちに、「オンラインで資格試験の勉強ができる予備校を作りたい」という思いは、竹田の中で確定的なものになっていったのだ。

創業手帳

カテゴリーから記事を探す