【第2話】退職と会社設立、社会保険への加入 -連続起業Web小説 「社労士、あなたに会えてよかった」-

創業手帳

(連載)独立起業前に読んで納得!社会保険への加入手続きを社労士に依頼する

syaroushi-story-fig1

【第1話】退職手続きと社会保険 -連続起業Web小説 「社労士、あなたに会えてよかった」-

本文を読む

前回、あおい社会保険労務士事務所の社会保険労務士 榊原のアドバイスを受けて、4月1日付での起業を決意した竹田は、法務部門責任者として勤務しているイーデザイン社の社長の堀谷へその決意を伝える。堀谷やイーデザインの仲間からエールを送られつつ円満退職を果たし、竹田はついに念願の起業を実現、リンク・エデュケーション社を設立するが、社会保険の加入にあたって予想外に手間取ってしまう。そこで、再び榊原に助け舟を求めるのだが・・・

【登場人物】

竹田 裕二(35) 起業家 (リンク・エデュケーション社長)

資格試験予備校「キャリアセミナー」の講師を経て、IT企業「イーデザイン」へ転職。現在は、オンラインスクール「リンク・エデュケーション」を起業するために奮闘している。

榊原 葵(32) 社会保険労務士(社労士) あおい労務管理事務所 代表

「トヨサン自動車」に勤務し、海外事業部や経営企画室など会社の中枢部門で活躍していたキャリアウーマンであったが、様々な仕事をこなしていく中で「企業は人なり」という言葉を実感し、社会保険労務士へ転進。持ち前のバイタリティで事務所経営を軌道にのせ、現在はスタッフ10名、顧問先200社を抱えている。

起業の意思を伝え、円満退社する

ソース イーデザイン社の社長である堀谷は、竹田を六本木ヒルズのレジデンス棟にある自宅に招き、食事をともにしていた。
 眼下に広がる夜景は、東京タワーやレインボーブリッジがひときわ美しい。

 竹田は、年明け早々に社長室を訪ね、堀谷に独立起業の意思は固いことと、4月1日を会社設立の日に決めたことを伝えた。
 堀谷も、最初はいつも通りあれやこれやと引き止めていたが、今度ばかりは竹田の意思が固いことを感じ取り、今後は同じ土俵に立つ経営者仲間として頑張っていこうという激励の意味も込め、自宅での食事に誘ったのだ。竹田は円満退職ができそうなことに安堵するとともに、堀谷の心遣いに感謝をした。

 堀谷に連れられて彼の自宅に到着すると、テレビや雑誌で見覚えのある可愛らしい女性が出迎えてくれた。堀谷の妻は、紅白歌合戦にも出場し、一斉を風靡したアイドルグループの元メンバーだった。ミリオンヒットを記録した代表曲は、明るくコミカルな歌詞とダンスで、長期デフレに苦しんでいた当時の日本に勇気を与えたものだ。

 竹田は彼女が堀谷の妻であることを知ってはいたが、実際に会うのは初めてで、テレビの中しか見たことのないアイドルが目の前にいることに若干の戸惑いを覚えた。だが、気さくに笑顔を見せる彼女はアイドル時代のイメージそのもので、戸惑いはすぐに消えていった。

 それにしても、堀谷の妻の料理は本当に美味しかった。彼女の北海道の実家から送ってくれたという、鮭や蟹などの海の幸を使った料理は、どれも素晴らしいものであった。
 聞くところによると、彼女は現在も歌手や舞台女優として仕事をしながら、フードマイスターの資格を取るなど、忙しい堀谷の健康を気遣い、献身的に支えているということだ。イーデザインの上場成功には彼女の内助の功も大いにあったのだろう。

 3人での食事を終えた竹田と堀谷は、彼女が淹れてくれたハロッズNo.14の紅茶を口に運びながら、イーデザインを上場させるまでの思い出話や、業務を引き継ぐ後任者のこと、今後のビジネスプランなどを夜遅くまで語り合った。紅茶はいつの間にか、バランタイン17年のロックに変わっていた。

創業手帳

カテゴリーから記事を探す