【第4話】3つの法定帳簿と36協定を整備する -連続起業Web小説 「社労士、あなたに会えてよかった」-

創業手帳

(連載)独立起業前に読んで納得!労働者名簿・出勤簿・賃金台帳をつくり、36協定を締結する

syaroushi-story-fig1

-連続起業Web小説 「社労士、あなたに会えてよかった」-

本文を読む


【第1話】退職手続きと社会保険
【第2話】退職と会社設立、社会保険への加入
【第3話】はじめて社員を採用するときにやるべきこと

竹田が1人で起業したリンク・エデュケーションも、福川を社員に迎え入れ、事業は拡大していった。だが、社員を雇うというのは、社内的には経営者として労働基準法上の様々な責任が生じるということである。社会保険の加入、法定帳簿の整備、36協定の提出、安全配慮義務など、経営者が守らなければならないことは、決して少なくはない。

【登場人物】

竹田 裕二(35) 起業家 (リンク・エデュケーション社長)

資格試験予備校「キャリアセミナー」の講師を経て、IT企業「イーデザイン」へ転職。現在は、オンラインスクール「リンク・エデュケーション」を起業するために奮闘している。

榊原 葵(32) 社会保険労務士(社労士) あおい労務管理事務所 代表

「トヨサン自動車」に勤務し、海外事業部や経営企画室など会社の中枢部門で活躍していたキャリアウーマンであったが、様々な仕事をこなしていく中で「企業は人なり」という言葉を実感し、社会保険労務士へ転進。持ち前のバイタリティで事務所経営を軌道にのせ、現在はスタッフ10名、顧問先200社を抱えている。

3つの法定帳簿

3つの法定帳簿:労働者名簿・賃金台帳・出勤簿
 福川が入社して、リンク・エデュケーションの業務スピードは大幅に強化された。竹田は主に外回りをして営業活動や講師のスカウトに力を入れ、福川がオフィスを守り、電話や来客の対応、システムのメンテナンス、資金繰りの調整などを行うという分業体制が確立していった。
 福川の社会保険や労働保険への加入手続も、榊原社労士の事務所がスムーズに代行してくれた。保険証がほどなく届き、福川もひと安心したようだ。

 そんなある日、竹田は「あれっ、まだ何か忘れていたことがあったかもしれない」と気になり、手帳を取り出した。
 榊原との打ち合わせた日のメモを読み返す。

社員を雇ったら法定帳簿を調えること。①労働者名簿、②出勤簿、③賃金台帳

 記憶をたどると、榊原はこう言っていた。
 「労働基準法には事業主が、1人でも社員を雇ったら作成・保管しなければならない帳簿類が規定されていて、これらのことを法定帳簿と呼んでいます。法定帳簿は、労働者名簿、出勤簿、賃金台帳の3種類があるので、俗に法定3帳簿とも言われています。」

労働者名簿・賃金台帳・出勤簿をつくる

 労働者名簿と賃金台帳については様式自体任意だが、記載すべき事項は決まっていて、東京労働局のホームページにサンプルがあるらしい。
 「なるほど、こういうものを作らなければならないのか」と、竹田は得心した。

労働者名簿

労働者名簿 様式第十九号|東京労働局

賃金台帳

賃金台帳 様式第十九号|東京労働局

 一方で、出勤簿は方式が会社の任意だという。「タイムカード」、「エクセルの表に出退勤時間を入力していく」、「カレンダー形式の書式で出勤した日に押印していく」といった具合だ。ただし、近年はサービス残業訴訟なども頻発しているので、労働時間の管理は厳密に行うようにしなければならない」というのが榊原の話であった。

 具体的な管理方法の例として、榊原は、タイムカードはあくまでも「出社」と「退社」の時間の記録という扱いにし、残業を行う場合は、別途「残業指示書」を所属長が発行して、指示した時間のみが残業時間としてカウントされる、という仕組みを作る方法を紹介してくれた。
 もし、タイムカードでしか時間管理をしていなかったら、就業後に仲間内でダラダラしゃべっていたり、退社前にトイレで化粧直しをしていたりした時間まで、残業時間にカウントされてしまう恐れがあるらしい。
 「実際労使トラブルで裁判になると、会社が反論できる証拠を出さない限り、タイムカードに記録された時間が、そのまま労働時間として認定される可能性が極めて高いです。」

 竹田は、福川とこの話を共有し、「君と労働トラブルになることはないと思うが・・・」と、前置きした上で、今後社員が増えたときのことを考えて、時間を見つけて早いうちにリンク・エデュケーションの法定3帳簿を整備しておいてほしい旨を依頼した。

創業手帳

カテゴリーから記事を探す