ドローン向けコンピュータビジョン「Percepto」が100万ドル調達

イスラエルのスタートアップ「Percepto」が、Time Warnerの元CEOのRichard Parsons氏などから総額約1億2,000万円(100万ドル)の資金を調達しました。

ドローンのために設計されたコンピュータビジョン・プラットフォームです。

今年の後半にはオープンライセンスとなります。

デベロッパーは「Percepto」のSDKを使うことにより、ドローンを動かすためのソフトウェア開発の時間を70%節約できるとしています。

詳細はこちら

ドローンコンピュータビジョン「Percepto」が100万ドルを調達、Richard Parsons氏とMark Cuban氏がラウンドに参加

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする