IPO(新規公開株)とは

IPO(新規公開株)とは、Initial Public Offeringの略で、非上場企業が市場からの資金調達を主な目的として証券取引所に上場し、第三者による株式の売買を可能とすることをいう。

株式公開前、企業は証券会社に株式の売り出しを委託し、証券会社が対象企業の財務状況や事業の将来性を加味して公募価格をつけた後、証券会社の顧客を募って公募価格で予め分配する。

株式公開後、初めて取引された価格を初値(はつね)という。証券会社の算出する公募価格は株式を分配する顧客に損失を与えないよう低めに設定される傾向にあり、初値が高騰するケースも多い。

「IPO(新規公開株)」に関連する記事一覧

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料