3Dプリンタプラットフォーム「rinkak」が7.5億円調達!

平成27年11月25日、3Dプリント製品のマーケットプレイス「rinkak」を運営する株式会社カブクは、総額7億5,000万円の資金調達の実施を発表しました。

4億円分はすでに先行してグローバル・ブレインから発表があり、今回の3.5億円分に参加したのは、電通デジタル・ホールディングス、三井住友海上キャピタルです。

「rinkak」はアップロードした3Dデータを3Dプリンタで製造したり、またマーケットに出品することができるプラットフォームです。

しかしいま伸びているのは、コンシューマ向けの「rinkak」ではなく、デジタル工場向け(BtoF)のクラウド基幹システム「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service(MMS)」です。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする