ホーム > 教えて先生!Q&A > 補助金や助成金ってなんですか?その違いは?

補助金や助成金ってなんですか?その違いは?

補助金や助成金というのは、会社を設立した法人が、国や地方公共団体、民間団体などから貰うことのできるお金のことです。

法人が事業を進めるためにお金をもらうには、融資、出資、共済などの方法もありますが、補助金や助成金はこれらとは異なり「返済不要」という点に特徴があります。(ただし以後一定の収益となる場合に返還義務が生じる場合があります)。

ただ、お金は国や地方公共団体などの公的な資金から出されるので、誰でももらえるわけではありません。しっかりと情報取集・申請し、審査に通過することで、返済不要のお金を受け取ることができるお金ともいえます。

では、助成金と補助金の違いは何でしょうか。

助成金は、会社が受給要件を満たせばほとんどの場合、お金を受け取ることができます。

一方で、補助金は、要件が合っているだけでは受給出来ない可能性があります。理由の一つに、補助金は採択件数や金額が予め決まっているということがあります。また、それぞれの制度を管轄する組織も違います。補助金は大きく「経済産業省系」の制度ですが、助成金は人事など人に関する「厚生労働省系」の制度といえます。

最後に、助成金や補助金も審査に通過してもすぐに払われることはありません。最低でも、事業終了後に1か月は待たなければなりません。

関連記事はこちら

返済不要!補助金・助成金制度 利用のいろは

専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
ご相談種類必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。