税務会計とは

税務会計(ぜいむかいけい)」とは、企業が課税所得や法人税額を計算するための会計のこと。税務会計に則って算出した税金を税務当局に申告・納税する。

税務会計の目的は法人税額を算出することであり、財務会計の目的は経営状態をステークホルダーに開示することであり、互いに目的は異なる。具体的には、収益や費用などの計算するルールが異なるので、財務会計上の利益と税務会計上の課税対象所得は必ずしも一致しない。

「税務会計」に関連する記事一覧

接待交際費とは。経費で損金算入できるルールは絶対に知っておくべき!

ベンチャー・中小企業が交際費を損金算入できるルールのまとめ (2014/12/19更新) 交際費は経費と認められれば、損金算入することができ、結果として節税の効...続きを読む

青色申告と白色申告の違い、それぞれのメリット・デメリットとは。

青色承認申請書を提出しメリットを最大限に享受しよう! 個人事業者であれ、法人であれ、事業を行う以上は避けて通れないのが「確定申告」だ。...続きを読む

会社を作ったら最初にやっておくべき税金・納税の申請手続き

法人設立後にやるべき3つの税金・納税関係の申請手続きと、源泉所得税一括納付の注意点 (2015/1/16更新) とりあえず法人を設立したが、次の手続きは「どこで...続きを読む

法人と個人事業主の違い~税金・会計に関する違い編~

法人と個人事業主で税金・会計面の異なるポイントを知っていますか? 「事業を始めたいけれど、法人がいいのか?個人がいいのか?」このような疑問を持つ人は実に多い。...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料