営業戦略とは

営業戦略とは、「売れる組織作り」のこと。事業収入をいかに安定して得ることができるか、中長期的に見て、市場でどのような計画が望ましいのかを考えることを指す。

現状を分析し、ターゲット層を拡げたり狭めたり、自社の強みを発展させるか、弱みを克服するのか、さらに新しい自社の強みを作っていくのかを考えるので、端的に言えば「営業戦略」とは「営業目標」を達成するためのツールともいえる。

しばしば「営業戦術」とも比較されるが、経営の広範囲で戦略を立てる営業戦略と異なり、社員一人一人に対して行うもの、つまり「営業戦略を実行するための具体的な行動プラン」を意味することからこの2つの意味は大きく違う。

「営業戦略」に関連する記事一覧

【第二回】ITベンチャーの活路を開く、日本ヒューレット・パッカード「EcoSystem」の挑戦

実績とリソース不足のベンチャー企業にとって、創業直後の販路開拓は大きな課題です。 日本ヒューレット・パッカード社では、販売力、あるいは開発力に課題を抱えるIT企...続きを読む

SPONSORED

【第一回】ITベンチャーの活路を開く、日本ヒューレット・パッカード「EcoSystem」の挑戦

実績とリソース不足のベンチャー企業にとって、創業直後の販路開拓は大きな課題です。 日本ヒューレット・パッカード社では、販売力、あるいは開発力に課題を抱えるIT企...続きを読む

即戦力のエースで4番がいる営業チームが「太陽」なら、ベンチャーの営業チームはひっそりと咲く「月見草」

「エースで4番」抜きでも勝てる営業の成功事例を紹介します 前回、ベンチャーや中小企業では、なかなか本物の即戦力営業担当者は採用できないという話をした。野球で例え...続きを読む

創業手帳ラインナップ創業手帳ラインナップ(すべて無料