テレ東の敏腕プロデューサーに学ぶ「アイディア一点突破」の極意

創業手帳

テレビ東京プロデューサー 濱谷晃一氏インタビュー

(2015/07/10更新)

起業家は、制約された資金の中でより良い企画を構想し、自社のアイデンティティをいかに顧客に印象付けていくか、ということを日々考えています。一方、限られた予算の中で1つのアイディアを突き詰めて番組作りを行っているのが、テレビ業界の異端児と言われることも多いテレビ東京です。

そこで、「ワンテーマで一点突破する」という指針のもと『俺のダンディズム』など多数のヒットドラマを手がけるテレビ東京の濱谷晃一プロデューサーに、起業家に役立つ「一点突破の発想術」について話を伺いました。
文中写真①

本文を読む

濱谷 晃一(はまたに・こういち)
テレビ東京 編成局ドラマ制作部 主事。慶応義塾大学卒業後、2001年にテレビ東京入社。制作局バラエティ班で『ピラメキーノ』総合演出、『シロウト名鑑』の演出などを担当する他、オリジナルドラマ企画『好好!キョンシーガール』のプロデューサー・脚本・監督も担当。その後、12年間所属したバラエティ班からドラマ制作部に異動し、『俺のダンディズム』『ワーキングデッド〜働くゾンビたち〜』『太鼓持ちの達人〜正しい××のほめ方〜』などオリジナル企画を次々と実現させ、テレビ東京でも異色のドラマプロデューサーとして活躍中。

他局ではワンコーナーでやるようなものを1時間やるのがテレ東

ーテレビ東京は他局に比べて「テレ東らしさ」と呼ばれる独自性を評価されることが多いですが、濱谷さんから見た最近のテレビ東京とは?

濱谷:『YOUは何しに日本へ?』や『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』のような手頃なサイズ感や、工夫をしながら番組を作り上げているというところが2年ぐらい前に世の中で話題になり、ちょっとしたテレ東ブームのようなものが来たのかなと。

自分たちで言うのもおこがましいですが、ここ1、2年は「テレビ東京って工夫していて面白いよね」と褒めていただける機会が多かったかなと思います。そこから一周して、また新たに頑張っていかないといけない時期に差し掛かっているのではないでしょうか。

ー濱谷さんが書かれた著書『テレ東的、一点突破の発想術』にあるように、テレビ東京には1つのアイディアだけで番組を作り上げる「アイディア一点突破」が社風としてあるのでしょうか。

濱谷:そうですね。テレビ東京の番組と言うと、ニッチなところ、重箱の隅をつつくようなテーマで、他局が番組のワンコーナーでやるようなものを1時間それだけに特化してやっているんですよ。

例えば普通だったら「次は、何でも鑑定コーナーです!」ってやるようなところを『開運!なんでも鑑定団』として20年もやっていたり、「今日は空港ガチロケコーナー」って夕方のニュースの番組でやっていても良さそうなことを『YOUは何しに日本へ?』では1時間延々とやり続けていたり……。

特に、ヒットしていてテレビ東京らしいと言われる番組には、その傾向が目立ちますね。

ー確かに他局にはない発想ですよね。

濱谷:軌道修正が利かないスタートを切るのがテレビ東京らしさだと思うんですよね。『YOUは何しに日本へ?』というタイトルで始まったら、その時点である程度やれることが限定されてしまうし、『田舎に泊まろう!』で始めたら、それ以外はなかなか身動きが取れませんよね。

普通だったらもう少し範囲を広げて鉱脈を探ったり、タレントさんの冠が付いている番組名であればその時々の流行りを取り入れて新コーナーを作ったりと、長く続けられる工夫をいろいろ考えると思いますが、テレビ東京は企画書だけで「面白いね、これでいこう」とスタートを切ってしまう。

「●●●しているだけ」という番組が多くて、その一点突破している感じが逆に印象に残りやすく、世間の皆さんが話題にしてくれているのではないでしょうか。観てみよう、手に取ってみようと思わせるキーワードは多ければ多いほどターゲットを広げますが、一方で目立たなくなるという怖さもあると思います。

ー濱谷さんや他のテレビ東京のプロデューサーが、「一点突破のアイディア」を生むために行っている習慣などはありますか?

濱谷:普段から面白そうだなと思うことを探して、メモしてストックしています。それは他のプロデューサーもやっているようですね。あとはどこへ行っても企画の話をマメにすること。

『LOVE理論』や『ヨソで言わんとい亭〜ココだけの話が聞ける(秘)料亭〜』などをやっている水谷というプロデューサーは、人間が本能的に観たいものをノンフィクションでやりたいというスタンスなので、夜のお店に行って対面取材をしています(笑)。彼いわく「自分で考えるより対面取材で出てくる事実の方が想像を越える。そして夜のお店にこそ鉱脈がある」ということらしいんですよね。

でも他のプロデューサーも、簡単に言うとフィールドワークというか、常に「見たり聞いたりしたことが番組になるんじゃないか」というフィルターで見ていると言っています。企画になるんじゃないかと思って見るのと何となく見るのとでは、同じものでも拾い方が変わってくるので、そういう心掛けは大切かと思います。

また、僕自身はバラエティを観てドラマの企画を考えることも多くて、そうやって異ジャンルでヒットしているものを自分のジャンルに置き換えると、その時点でそのアイディアは新しくなることもありますよね。なので、やはり日々いろいろなことにアンテナを張るということは欠かせません。

創業手帳

カテゴリーから記事を探す