低コスト&スピーディー! “ネット銀行”という選択肢のススメ

資金調達手帳

(2015/06/22更新)

rakuten-bank-fig1

会社の登記が完了し「さぁ、法人口座をつくろう」と考えたとき、真っ先に思い浮かぶのは大手都市銀行だろう。しかし、口座開設の申込手続きの煩雑さやコスト、利便性を考えると、メガバンクが必ずしも最良の選択とは言えない。特にスピードやコストカットが求められる創業期の企業には、汎用型であるメガバンクよりも、より直近の課題を解決できる銀行を選びたい。

そこで選択肢として浮上するのがネット銀行だ。では実際にスタートアップ企業が法人口座を開設し利用するとき、ネット銀行はどんな課題をどう解決できるのか。ネット専業銀行ナンバーワンの口座数を誇る「楽天銀行」を取材しまとめた。

本文を読む

【課題】時間

rakuten-bank-fig3
起業直後の大事な時期。口座開設手続きに手間取りたくない。


rakuten-bank-fig2
起業直後の会社がメガバンクで法人口座を新設するのは想像以上に大変だ。企業としての実績がないため、信用を得るための書類や資料を用意し、実際に店舗へ何度も足を運び説明しなければならない。なんとか受け付けてもらえたとしても、それはまだ「申込み」段階にすぎない。

ネット銀行はそんな煩雑な手続きや多くの時間を必要とせず、シンプルな申し込みプロセスでスピーディーに申込手続きができる点が大きな特徴だ。

楽天銀行の場合、ホームページからのWeb申込と必要書類の郵送、E-mailや電話による連絡で、すべての手続きを行える※。来店は一切不要だ。

審査の進捗をネット上で確認できるので、状況を常に把握できるのも嬉しい。創業期に法人口座の開設で手間取ると事業自体が失速しかねない。起業家の貴重な時間を無駄にしないためにも、まずは来店不要なネット銀行に申し込むことをおすすめする。


rakuten-bank-fig15※全国どこからでも、いつでも法人口座が開設できる???
ネット銀行である楽天銀行は完全無店舗型。「最寄の支店」はない。つまり、全国どこからでも、口座が開設できるのだ。遠隔地や離島であっても、いつでもどこからでも、システムメンテナンス中などをのぞけば、24時間365日、口座の申込や取引ができる。起業家から幅広く支持される理由の一つだ。

【課題】コスト

rakuten-bank-fig4コストを出来るだけ最小限に抑えたい。
法人口座を利用する上でもっとも重要なのは、やはり「コスト」だろう。特に資金が限られている起業直後だからこそ、削ることのできる無駄なコストは徹底的に削りたい。

ネット銀行の手数料は、メガバンクに比べて圧倒的に安い。手数料自体の価格設定ももちろん、ネット銀行には「支店」という概念がないので、同じ銀行間であればすべて格安な手数料で振り込むことができる。

楽天銀行の場合を例に挙げると、楽天銀行同士であれば一律51円。メガバンクの相場(同行間3万円以上の手数料)より最大で381円も安い。特に楽天銀行の口座開設数は500万を超えネット銀行中でもっとも多いので、そのメリットを享受できる機会も多い。できるだけ多くの取引相手が使っているネット銀行を選び、コストを削減しよう。


rakuten-bank-fig7-01楽天銀行で削減できるコストは年間約20〜30万円
楽天銀行の試算によると、ATMや支店に行く時間コストなども含め、一般的な企業が楽天銀行を利用することによりトータルで削減できるコストは年間20〜30万円にものぼるという。

【課題3】スピード

rakuten-bank-fig5タイムラグで業務を滞らせたくない。
特にECサイトなどを運営している方に多い課題だが、これまでは相手が送金してもすぐには入金が反映されず、少なからずタイムラグが発生していた。特に15時を過ぎると翌営業日まで入金確認ができないため、入金確認後に何らかのアクションを起こす必要のある業務にとっては大きなタイムロスになる。

ネット銀行はWeb上でいつでも振込の手続きや明細の確認ができるが、入金のタイミングは基本的に従来と変わらない。しかし楽天銀行間の送金の場合、24時間365日、リアルタイムで入金を確認することができる。

特にスタートアップ企業にとって、ビジネスのスピードは他社との競争力や顧客満足度に直結する重大な要素。効率的なビジネスを実現するためにも、利便性の高いネット銀行をすすめたい。

rakuten-bank-fig11

ネット銀行口座開設までの流れと必要なもの(楽天銀行の場合)


1.申し込み

Webサイトの申込フォームから

2.必要書類と申込書を郵送

<必ず提出すべき書類>
1) 法人登記内容確認資料(履歴事項全部証明書)
2) 口座管理者の本人確認資料(運転免許証のコピーなど)

<登記上の住所と実際の事業所住所が異なる場合>
・ 追加として連絡先確認資料(公共料金等の領収証など)
※ 必要に応じ、上記以外に追加の確認書類をお願いする場合や、
ご提出書類について電話にて内容確認をさせていただく場合があります。

3.審査

Webサイトで審査の進捗状況を確認できる。

4.口座開設完了!

ID/パスワードを設定して利用開始。
fakuten-bank-fig13
rakuten-bank-fig15申し込みに必要な「履歴事項全部証明書」って?どうしたら入手できるの?
『履歴事項全部証明書』とは登記簿謄本に相当する証明書のこと。法務局などの登記所で交付しているが、忙しい起業家にはそんな時間すら惜しい。あまり知られていないが大半の法務局が郵送対応しているので、管轄の法務局に問い合わせてみよう。

rakuten-bank-fig12-01

資金調達手帳

カテゴリーから記事を探す