ホーム > 教えて先生!Q&A > 創業時に使える資金調達はどんなものがありますか?
資金調達・会計

創業時に使える資金調達はどんなものがありますか?

創業期には、企業としての信用がまだなく、資金を預けるべきか判断する情報が少ないため、利用できる資金調達方法は限られています。

以下に、創業期に使える資金調達方法を紹介します。

1.補助金・助成金
補助金とは、会社を設立した法人が、国や地方公共団体、民間団体などから返済不要の給付金をもらえる制度です。創業補助金小規模事業者持続化補助金があります。

2.融資
融資とは、平たく言うと「お金を借りる」ことであり、金利を含めて返済の義務があるお金です。信用保証協会の制度融資と、日本政策金融公庫の新創業融資制度は、必ずチェックしておきましょう。
融資には、信用金庫からの借り入れ日本政策金融金庫の公庫融資信用保証協会の融資個人借入があります。

3.出資
出資とは、返済不要の資本となるお金で、株を発行し、出資者には株の値上がり益と配当を返します。株式の譲渡は、経営権の譲渡を伴うため、慎重な検討が必要です。
自己資金による出資ベンチャーキャピタルによる出資があります。

4.その他
また、起業時に検討すると良いお金周りの制度に、共済ビジネスコンテストクラウドファンディングがあります。

関連記事はこちら

詳しい情報はこちら!起業に使える資金調達方法まとめ

専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
ご相談種類必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。