創業4ヶ月の会社が1000万の公庫融資を受けられた理由とは?

資金調達手帳

融資がターニングポイントとなったある企業の急成長のストーリーに学ぶ「創業期に融資を受けるためのポイント」

(※14/07/19 加筆して更新しました)

【関連記事】> 【マンガ】創業4ヶ月で1000万の公庫融資

創業前後の時期というのは、会社を成長させるために多くの資金が必要だ。

必要な資金を調達する方法は主に3つある。第一に融資を受けること、次に補助金・助成金をもらうこと、そして出資を受けることだ。

【関連記事】> 返済不要!補助金・助成金制度 利用のいろは | 専門家がアドバイスする補助金・助成金制度の探し方と採択される申請の方法とは?

融資とは「個人または法人が金融機関等から返済が必要な資金を調達すること」である。ここで注意したいのは、起業直後の創業期にあるスタートアップベンチャーが融資を受ける場合、銀行などの民間の金融機関から高額の融資を引き出すことはほぼ不可能なことだ。そこで多くの創業者は、公的金融機関である「日本政策金融公庫」や「信用保証協会」から融資を受けることになる。

今回は、民間の金融機関の間接金融を補完することを目的とする「日本政策金融公庫」からの借り入れに成功した、萱場氏にお話を聴いた。

本文を読む


萱場弘盛(かやば ひろもり)
1979年、宮城県仙台市生まれ。専修大学卒業後、アデコ株式会社に入社。株式会社ヴィックスコミュニケーションズに転職後、雇用や教育に携わるためレイラインを創業。同社代表取締役。

レイライン社について
設立:2013年5月
資本金:3,000,000円
事業内容:営業支援事業、ウォーターサーバー販売事業など

事業開始にあたり、必要な資金が足りなかった

Kayaba-manga01
― そもそもなぜ融資を受けようと思ったのですか?

萱場:会社を設立し、事業を始めようと思ったときに、必要な資金が足りなかったからです。私はこの会社を2013年の5月に立ち上げたのですが、起業直後は営業のコンサルティングをメインにやっていました。しかし、事業を進めていくうちに、いまのメイン事業にである「ウォーターサーバー営業代行業務」の依頼が増えてきたんです。

私は前職で新規事業立ち上げを8件やっていたのですが、そのなかにウォーターサーバーの事業があったんです。なのでウォーターサーバーのメーカー様から、とても良い条件でウォーターサーバー営業代行の依頼のお話を多くいただくようになり、「ウォーターサーバーの事業も始めたい」と思うようになりました。

しかし、いざ会社の資金状況をみてみるとそのためのお金がありません。そうした時ちょうど弊社の顧問会計事務所の方が「融資という方法があるよ」と教えてくれたんです。そこで初めて融資というものを考え始めました。

Kayaba-manga02
― 融資を受けるということについて、始めはどのような気持ちでしたか?

萱場:最初は半信半疑でした。「こんなの本当にもらえるのか?」と思っていました(笑)。前職では本部長くらいの役職だったので「融資を受ける・受けない」のような話にはタッチしていなかったのです。

とりあえずやってみようと思って書類を書いたのは、創業から3ヶ月後だと思います。必要書類に事業計画書もあるのですが、ウォーターサーバー事業についての計画は既にある程度あったので、実質の書類準備などは1週間ほどで終わりました。

融資が現実味を帯びてきたのはそれからです。1000万円の申請をしたのですが、当初は「さすがに満額はおりないだろう」と思っていました。実績もあまりない会社だったので、受諾されても半額程度だと予想していたんです。

しかし、書類を出し終えて1ヶ月後ほど経った頃に電話がかかってきて「融資の申請が通りました(実行されました)」と言われました。しかも1000万円満額の融資が受け取れるということだったんです。

― 一度に1000万円の融資が降りるというのはすごいですね。

萱場:通帳をみて「1000万」という金額が入っていたときは驚きました。今申し上げたように、書類をだしたときは、内心「創業して3ヶ月の会社が1000万とりにいくのは無謀だ」と思っていたんです。

しかも実行される(申請が許可される)までの面談の機会はたった2回です。1回目は、融資の担当の方(※1)と、弊社の顧問税理士と3人の面談で、2回目は、弊社のオフィスで二人で面談です。融資が決定したら、あとは窓口にいき、印鑑を押して融資の受け取り完了でした。

※1 萱場氏の場合は、政策金融公庫の担当者

創業に役立つ定番ツール・サービスの資料・特典

最新の補助金・助成金情報

この記事に関連する記事

資金調達手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す