店舗経営者に必要なPOSレジの選び方とは?

創業手帳

進化しつづけるPOSを徹底解説。失敗しないPOSを選ぼう。

header

(2016/01/29更新)

飲食店や小売店等で多く利用されている、精算時に会計処理を行うレジには、大きく分けて2種類あります。

1つは昔から利用されているレジスター。もう一つは、POSレジと呼ばれるものです。

最近では導入コストの低減や、消費税の増税があった際にも簡単にバージョンアップが可能で、WindowsPCにインストールして利用するPOSアプリケーション「BCPOS」が注目されています。

そんな「BCPOS」には、どんな特徴があるのでしょうか?

本文を読む

レジ選びで直面する「コスト」と「機能」の課題

「BCPOS」は、効率的な店舗経営に必要な機能をまるごと搭載した、低価格で利用できるPOS パッケージソフトです。

設備投資の初期費用をできるだけ抑えたい創業期。高機能だけど初期コストも保守料も高額なPOS 専用機は、負担が増大する一方です。

だからといって従来のレジスターでは機能が乏しく、販売効率アップにつながる店舗経営が難しい。

そんなレジ選びのお悩みを解決できるのが「BCPOS」です。

<「 BCPOS」はこんなお悩みを持つ店舗経営者に最適です >

image01

  • 導入コストをあまりかけたくない
  • 在庫の管理をシステム化して棚卸しなどの時間を削減したい
  • 自社の業種・業態に合わせた運用で効率化したい
  • 増税や軽減税率の影響で、レジ買換のコストと手間をかけたくない
  • なにかあったときにすぐ対応してほしい

すべての課題を解決することができるのが、BCPOSです!

BCPOS導入メリット

導入コストの低減

専用POS並の高機能をパッケージアプリにして低価格で提供。
さらにWindowsPCで利用できるため、ハードも自由に選べ、コストを抑えられます。

100業種以上の安心の導入実績

汎用性が高いシステムだからこそ、小売業からサービス業まで様々な業態での導入実績。
さらに産直システムなど、業種別ソリューションもあります。

顧客管理・在庫管理が容易にできる

販売しながら顧客や在庫をリアルタイムで管理。1日の売上・粗利などもいつでも確認できます。
会計・販売管理ソフトとの連動もOK !

サポートが充実!

POSの故障で営業できないとなると多大なロスが発生します。
そんな事態を防ぐために、BCPOSでは365日のサポート体制をとっています。

軽減税率にも対応し、長期運用しやすい

今話題の軽減税率や消費税の増税などはソフトのバージョンアップで対応。また、市販のPCでも使用できる為、ハードの故障時の即時復旧や入れ替えも簡単。

さらに、クラウドを活用して効率的な店舗経営を行う

クラウドの必要性

ビジネスの成功の鍵は、スピードと言われています。

特に店舗の場合ではお客様のニーズを素早くキャッチし、そのニーズにマッチした商品を素早く提供していかなければなりません。

最近では、スマートフォンやタブレットの普及により時間や場所に縛られることなく店舗を管理することが可能になりました。

それには「クラウド」は欠かすことはできません。

クラウドの導入により、在庫切れなどで発生していた機会損失を防止するなど、販売効率アップにつなげることができます。

店舗経営のクラウド活用の効果

いつでも、どこでもデータ取得

TenpoVisor は自社サーバを用意・管理する必要がなく、ローコストで導入可能な管理システムです。

POSが持つ様々な情報をインターネット回線を使ってサーバに転送。

収集・集計された全店舗のデータは、WEB ブラウザで閲覧可能なので、インターネットの環境があれば24 時間どこにいても店舗の状況を把握できます。

image02

image03

image04

(協力:株式会社ビジコム
(編集:創業手帳編集部)

【あわせて読みたい】飲食店・小売店経営に役立つ記事はこちら
お店の売り上げを伸ばす意外なポイントって?
出店開業に必要なものをまるごと揃える方法
外国人観光客の消費を狙え!免税店申請のススメ
創業手帳

カテゴリーから記事を探す