実績No.1! 「PR TIMES」に学ぶスタートアップのためのプレスリリース活用法

創業手帳

プレスリリースを配信しよう

会社を創業したあと「いかに社会に対して自社のことを伝えていくか」ということに苦心している企業は多い。たしかに、一般的なPRとしての広告や宣伝手法は数多く存在するが、なにぶん創業当初は使える資源が限られているものだ。そのため、より戦略的な方法を模索しなければならない。

そこで活用すべきなのが「プレスリリース配信サービス」だ。プレスリリースの配信は、かつてのように「メディアに取り上げられなければ意味が無い」ものから変わりつつある。

prtimes図1改2

本文を読む

自社がメディアに取り上げられることのみを目的とするのではなく、有益な情報をネットで配信することで結果的にメディアや一般の人に注目されるという戦略的なデジタルツールになっているのだ。それだけに、設立したばかりの無名なスタートアップ企業は積極的に利用するべきだろう。

プレスリリース配信サービスを選ぶ3つのポイント

プレスリリースを効果的に行うには“スタートダッシュ”が肝心だ。そこで活用したいのが「プレスリリース配信サービス」である。プレスリリース配信サービスを利用する際には、次の3つのポイントをチェックしておこう。

1.配信メディア / 提携メディア

prtimes図2まずはプレスリリース会社が配信するメディアや、掲載が確約されている提携メディアをチェックしよう。数も大切ではあるが、“どれだけ多くのターゲットに閲覧されるか”がいちばん重要だ。ただやみくもに配信するのではなく、いかに多くのターゲットに閲覧してもらえるかを考えながら選ぼう。

2.ビジュアル表現

prtimes図3プレスリリースを多くの人の目に留まらせるためには、”ビジュアル”がとても重要だ。レイアウトの見やすさや画像の有無によって効果は大きく変わってくる。そのためにも、動画や質の高い画像を使ったリッチコンテンツを簡単に作り配信することのできる、使いやすいサービスを選ぼう。

3.効果測定

prtimes図4配信後どのような効果があったのかをフィードバックしてくれるサービスを選ぼう。結果を元に配信のタイミングや切り口などを検証して、次回へつなげることができる。

 

では、スタートアップ企業はプレスリリースをどのように運用すれば良いだろうか?

プレスリリース配信サービスを展開している「PR TIMES」は、業界トップの閲覧数を誇るPR企業だ。大手新聞社や通信社のサイトと提携し、プレスリリースをコンテンツとして掲載している。さらに12,000以上の多種多様なジャンルの媒体から、ターゲットへ効果的にリーチできる適切なメディアを選んで配信できるのも特徴だ。そんな「PR TIMES」の山口社長にお話をうかがった。

この記事のタグ:, ,
創業手帳

カテゴリーから記事を探す