面白コンテンツで話題のLIG代表に聞く、会社のPR方法と組織作り

創業手帳

株式会社LIG取締役社長 吉原ゴウ氏インタビュー

(2015/06/09更新)

社長を砂浜に埋めるというとんでもない見せ方で自社のデザイナーを募集したり、Web上で社員の花嫁候補を募るなど、一見本業とはかけ離れたようにも見えるブログ記事で注目を集めるWeb制作会社のLIG。
「LIGブログ」と呼ばれるこのユニークなメディアを発案し、立ち上げ当初から情報を発信し続けているのが、同社の取締役社長の1人である吉原ゴウ氏です。

アイディアを形にするためならすぐに行動に移すというゴウ氏に、メディア運営に対する考えや、創業期の会社が簡単に真似できる組織作りについて話を伺いました。

01_P4230730_2

本文を読む

吉原 ゴウ(よしわら・ごう)
株式会社LIG取締役社長。1982年生まれ、長野県出身。中学校を卒業後、農家、カヤックインストラクター、雀荘、アダルトショップ店員を経て、Webデザイナーに。その後独立し、2007年に株式会社アストロデオを設立。2012年に株式会社LIGと合併し現職。

LIGブログは会社紹介のためのツール

ーLIGの事業は現在Web制作事業とメディア事業の2つが大きな柱となっていますが、LIGを語る上で欠かせないのはやはり「LIGブログ」の存在ですよね。そもそもメディアを始めようと思ったきっかけは何だったんですか?

ゴウ:創業当時、自分たちの社名を知っている人がいない状況の中で、商品を売る前にいつも自己紹介から始めなくてはいけなかったんです。

我々はLIGという会社で強みはこうで……ということをイチから説明して、初めて検討の土台に乗る。その前段階をどうにかショートカットできないかと考え、立ち上げたのがLIGブログだったんです。

我々のことを知ってもらうための、いわば自己紹介のためのツールでした。

ー自己紹介をするにはブログが最適だと判断したんですか?

ゴウ:どこの企業もホームページを持っているじゃないですか。そこで自分たちの商品を紹介したり、いわゆる情報発信をしていますよね。でもみんなだいたい同じことを言っていて、それはユーザー側から見たら比較検討の対象にならないわけです。

商品の内容や価格は調べればすぐに分かることなので、そうではない部分、例えばどういう人柄の人たちが中にいて、日々どんな考えの元でやっているか。

それを常に情報発信しようと思ったら、ブログが一番良かったんです。

ーLIGブログは2012年1月から本格的に始めたそうですが、立ち上げ当初からPV数は順調に伸びていったのでしょうか?

ゴウ:最初の半年ぐらいは微々たるもので、でも徐々に自分たちの周りから巻き込んでいって少しずつPVも増えていきました。

FacebookやTwitterを使って周りに発信して、あとは検索流入ですね。プログラマーやデザイナーが技術的に行き詰まった時に分からないことを調べて、その検索結果からLIGのサイトに辿り着くということはありました。

でもそれだけだと弱いので、ユニークな記事を混ぜたりしましたね。

ーLIGブログが世の中に認知され始めてから、周りの反応はいかがでしたか?

ゴウ:「初めまして」から「ブログいつも見てます」とか「LIGって面白い会社だね」と言ってもらえる機会が徐々に増えていきました。名刺交換レベルのコミュニケーションから考えると、それはもうすごく楽ですよね。

初めて会った方でもLIGのことを知っている前提で話ができるので、僕が相手のことを聞けばいいだけなんですよ。それが双方向だと結構大変じゃないですか。

今はWeb業界の人にはほぼ知っていただけているので、「初めまして」がなくなっただけでも相当助かっています。それがブログを始めた当初からやりたかったことなんですよ。

それから、我々は常に世の中に対してこういう会社ですということを発信しているので、今はそれに合いそうだなという人しか声を掛けて来ません。それはリクルーティングでもマーケティングでも同じことです。

我々がすべてをさらけ出すことで、自然と相性が良さそうな人からしか問い合わせが来なくなる。そこは1つ大きいかな。

趣味趣向が合わない人から声を掛けられても、それはお互いにとって不幸なことですからね。

ー創業したばかりの会社がPRのためにLIGブログのようなメディアを作ろうとしたら、それは結構ハードルが高いと思うんです。何かアドバイスはありますか?

ゴウ:今は世の中に情報を発信するためのツールなんて腐るほどあって、しかもものすごく低コストでできますよね。ツールが無料で用意されているということは、あとは自分の根気とやる気だけじゃないですか。

得手不得手があるので全員が全員それをやったらいいとは思いませんが、少なくとも起業したからには自分の会社名を売っていかなくてはいけない。世間に認知させるというプロセスが最初で、まずは知ってもらわないとどうにもならないわけです。

うちの場合は商品を買ってもらってファンになってもらうという一般的なプロセスとは逆で、まずファンになってもらってその方たちから仕事がいただけるという流れなんですよね。

どちらかと言うと、芸能産業に近い売り方をしているんじゃないかなと思っています。

創業手帳

カテゴリーから記事を探す