南九州の起業支援をバッチリ取材! -九州縦断 起業を学ぶ自転車旅③-

創業手帳

創業手帳インターン青野による、自転車での九州縦断レポート<都城市-鹿児島市編>

DSC03010_R

(2015/06/23更新)

こんにちは!創業手帳インターンの青野です。九州での自転車旅も、3日目を迎えました。先日、崎田市長インタビューをはじめ、日南市の起業の最前線を取材した私は、その足で山を越え、霧島酒造のお膝元・宮崎県都城市に到着しました。3日目は、都城市を取材後、約70km先の鹿児島市を目指します!

バックナンバー:
注目の起業エリア・宮崎市を取材してきました!<宮崎市編>
日南市で﨑田市長にインタビューしてきました!<日南市編>

本文を読む

中心市街を創業で活性化:都城市役所

インタビューには、都城の魅力を全国の起業家に紹介するため、市のPR部長「ぼんちくん」も駆けつけてくれました!

DSC03013_R

ぼんちくん:「昔はあんなに活気があったのに、最近はなかなか人が来てくれないなー。駅前の中心市街、どうやったら人が来てくれるかなー?」

ぼんちくんの言う通り、中心市街の活性化は、自治体の悩みの種の代表選手ではないかと思います。都城市では、そんな「自治体の強敵」に対抗すべく、「都城市チャレンジショップ」という取り組みを行っているそうです。チャレンジショップについて、都城市商工観光部の皆さんにお話を伺いました。

商工観光部:「『チャレンジショップ』では、市の審査にパスした新規創業者に、3坪ほどの小さな店舗を1年間貸し出します。家賃は月1万円!創業時の支出とリスクを抑えながら、新事業にトライアルしてもらおうという訳です。また、チャレンジショップの店舗は商業施設『都城オーバルパティオ』内にあり、買い物にやってきたお客さんが立ち寄ったり、オーバルパティオと合同でイベントを行ったりできます。入居される企業の業種は様々ですが、特にサービス業での起業にはうってつけの環境だと考えています。」

DSC02988_R

商工観光部の福園さんによると、チャレンジショップから巣立った起業家が実際に市街で事業を興したケースも多数あるそうです。起業家が実際に中心市街の活性化に貢献しているのですね。都城は「日本一の肉と焼酎のまち」だそうですが、「日本一の肉と焼酎、そして起業のまち」になったら、私としてはうれしいですね。

まだまだ眠る南九州のポテンシャル:中小機構南九州

DSC03028_R

一般的に、九州のうち、長崎、佐賀、福岡、大分の四県を北九州、宮崎、鹿児島、熊本の三県を南九州と呼びます。自動車を中心とした工業を中心に発展した北九州に対し、南九州は北海道に匹敵する農業農産物出荷額を誇る農業大国です。また、農業の六次化や観光業、医薬など、様々なポテンシャルを秘めている南九州。起業家は、そんな宝の山を掘り起こす大事な存在です。南九州の今後を担う起業家を、中小機構南九州ではどのように支援しているのか、所長の野沢さんにお話を伺いました。

創業手帳

カテゴリーから記事を探す