スタートアップ法人・個人事業主必見!

創業手帳

会社の信頼性を高めるための「電話番号」とは?

(2016/03/09更新)

創業後はすぐに会社の電話番号を取得しよう。創業後も「とりあえず」個人で契約している携帯番号を使う経営者もいるが、社会的な信用・信頼を得ることを考えるなら会社専用の電話番号が必須だ。

本文を読む

会社の「電話番号」を取得するメリット

経営者の資質を図るもの

日本では時代が変われど経営者は基本的なビジネスマナー・礼節を重んじる傾向にある。電話番号など基本機能を備える事により、そういった取引先経営者に対し、ビジネスマナーを重んじる人物であることを印象づける事ができる。

審査条件を突破するアイテム

多くの銀行では「法人口座の開設には法人用の固定電話番号が必須」としていたり、また顧問税理士契約にも必要になってくる。資金調達などを考える際も有利になるため、固定電話番号は早めに用意しよう。

電話サービス導入時のお悩み

大手電話会社サービスでは以下のような課題がありスタートアップ法人にはオーバースペックで割高であったり、機能面でマッチしづらい事がある。

料金プランが割高/複雑

工事費・基本料金・オプションサービス・年ごとの更新料金など項目が多岐に渡り複雑かつ高額。気がついたら月額1万円なんてことも。

最低利用期間・違約金

最低利用期間2年間は当たり前。途中解約時には高額な違約金が請求されることも。

電話番号が取れない・取っても変更となる

賃貸事務所を探していて電話番号を取得出来ない。事業拡大の移転時に電話番号の変更が必要で周知の手間・費用がかかる。

スタートアップに最適な携帯電話・スマホで使える楽天コミュニケーションズの「でんわ」サービス

楽天コミュニケーションズ株式会社では、携帯電話で固定電話の番号が使える「モバイル03/06電話番号転送サービス」を展開。スタートアップ企業にはローコストかつ拡大を見据えた拡張性を備えており最適なサービスだ。

楽天コミュニケーションズ株式会社(旧フュージョン・コミュニケーションズ株式会社)は楽天グループの通信事業会社です。

※1上記は全て税別価格です。
※2キャンペーン期間2016年2月1日~4月30日。
※3でんわサービスは、電話番号提供条件として上記記載住所エリア内に住所をお持ちの方限定の提供となります。
※4申込対象は、登記後2年以内の法人、
登記準備中の方、個人事業主の方を対象とします。
※5請求書発行をご希望の場合は別途100円/月(税別)の手数料がかかります。
※6その他詳細については資料請求にて。
※7電話番号転送サービスのみお申し込みをご希望の方は別途お問い合わせください。

「03/06電話番号転送サービス」

事務所を探している、レンタルオフィスを利用中、事務員が不在で外出が多い、そんな経営者向けの携帯電話で使える固定電話サービス。
事業拡大時も固定電話として同一番号をそのまま使える拡張性を備えており、スタートアップ企業に最適なサービスだ。
※本サービスは東京23区内/大阪06地域内に住所をお持ちの方に限定されます。

(取材協力:楽天コミュニケーションズ株式会社

(編集:創業手帳編集部)

創業手帳

カテゴリーから記事を探す