SNS使えてる?Facebook,Twitter,Instagramのビジネス活用チェックリスト

創業手帳

各SNSの特性を理解して、有効活用しよう!

(2016/06/07更新)

消費者が情報を入手する場所は、テレビ・新聞・ラジオ・雑誌からWEBメディアに移行してきました。現在は、SNSから日常的に情報を収集するようになり、そのSNS活用の重要性が増してきています。

この記事では、SNS運用を始める企業、既に運用している企業にも参考になる内容をまとめています。

本文を読む

SNSを活用する際の共通するポイント!

どのSNSに対しても言えることは、ユーザーが見たくなるページにすることです。

プロフィール写真は企業ロゴ、名前は企業名やブランド名(「公式」とつけると信用性がアップ)、紹介文は簡潔にするとよいでしょう。

投稿写真や動画は目に留まるものにし、加工してお洒落にするとよりよいです。

自社の顧客ターゲット像をイメージすることがSNS活用のコツです。

各SNSの抑えるべきポイントはここだ!!

各SNS(Instagram、Facebook、Twitter)には特徴があります。どんな特徴があり、どのように活用したらよいのか、ポイントを押さえて情報発信をしていくことが大切です。

Instagram

Instagramのメインユーザーは20〜40歳代女性です。

他のSNSとは違い、写真がメインのメディアなので、まずは写真をオシャレにすることが必須です。

また、位置情報やハッシュタグ(#)を有効活用して、その場所やキーワードに興味がある層に幅広くリーチする工夫も大切になってきます。

Instagramチェックポイント
  • 見たくなるようなプロフィールページにする。
  • 写真をおしゃれにする。
  • ハッシュタグ(#)を使用する。
  • 位置情報を活用する。
  • ユーザーを巻き込んだイベントを開催する。
  • 仕事の舞台裏を見せる。
  • ピークタイムに投稿する。
  • FacebookやTwitterなどのSNSにも同時投稿する。
  • メディア属性を考え、20〜40歳代の女性を想定した情報にする。

Facebook

Facebookはそのメディア属性から30歳以上の男女を想定すると良いでしょう。

Instagramとは違い、投稿に外部リンクを貼るとそのままクリックできるので、積極的に活用していくことをおすすめします。

他のメディアと比較したときに、文章量が多い傾向にあるので、「(文章を)もっと見る」をクリックさせるような導入がポイントになります。

Facebookチェックポイント
  • 外部リンクを貼る。
  • 文章は「もっと見る」をユーザーにクリックさせるよう、興味を引かせる内容にする。
  • 目に留まりやすい写真・動画を載せる。
  • コメントに返信し、コミュニケーションを取る。
  • 宣伝投稿は少なくする。
  • 会社の中の人を見せる。
  • 会社の商品・サービスを体験したくなるような投稿を載せる。
  • メディア属性を考え、30歳以上を想定した情報にする。

Twitter

Twitterはそのメディア属性から10〜20歳代の男女を想定すると良いでしょう。

ユーザーの目をひくクリエイティブや動画を用意し、リツイートを促すことで、記事が拡散されやすくなります。

投稿が流れやすいという特徴があるので、テキストは短く、読みやすく、キャッチーにすることがポイントです。

Twitterチェックポイント
  • テキストは短くする。
  • ユーザーに興味を持たせる写真・動画を選定する。
  • 外部リンクを貼る。
  • 他の人のツイートを再びツイートできる。(リツイート)
  • ハッシュタグ(#)をつける。
  • 時事ネタを取り入れる。
  • メディア属性を考え、10〜20歳代を想定した情報にする。

まとめ

如何でしたでしょうか。

自社でSNSを運用する際には、以上のチェック項目を見直して、より効果的な運用をしていきましょう。

SNSを活用して熱烈ファンを増やせ!
熱烈ファンを100倍増やそう!SNS活用における“ミニマムコミュニケーション”とは
炎上を防ぐため、事例に学ぶ
【悲惨な炎上事例公開】炎上を未然に防ぐSNSガイドライン作成のポイント
4大SNSの特徴と活用術
SNS成功例に学ぶ!4大ソーシャルメデイアの特徴と活用術

(監修:株式会社BOKURA 宍戸崇裕(ししどたかひろ)
(編集:創業手帳編集部)

創業手帳

カテゴリーから記事を探す