飲食開業手帳

アイスクリームショップの開業手帳

  • アイスクリーム点はFC本部の指導のもと、特に経験がなくても開業が出来ます。その為、現在はFC加盟店での経営が大半を占めています。加盟店では個人以外にも、異業種の参入も目立っています。
  • 立地条件によって営業形態も変わってきますが、大別すると次の3タイプに分類できます。

    ビルイン店舗型
    店舗の規模15~18坪程度になっており、繁華街や商店街にいる顧客をターゲットにしています。

    フリースタンディング型店舗
    店舗の規模は20坪程度で、こちらは幹線道路沿いでの営業により、車の利用者をターゲットにしています。

    インショップ型店舗
    店舗の規模は8坪程度で、ショッピングセンターや駅ビルでの来店客をターゲットにしています。

  • コンビニエンスストアなどで提供しているアイスクリームの品質が良くなっていることもあり、全体的に市場規模は縮小傾向にあります。

1.開業に必要な手続き

飲食店を開業するためには、いくつかの届出が必要になります。

食品衛生法と食品衛生責任者

店舗所轄の保健所の食品衛生課に営業許可の申請を行う必要があります。食品衛生法の規定では各店舗に、食品衛生責 任者を1人置く必要があります。

食品衛生責任者は、調理師、栄養士、製菓衛生師などの資格が必要で、資格者不在の場合は、保健所が行っている食品衛生責任者講習会を受講すれば資格取得も可能です。

税務及び社会保険関係について

通常の開業手続きですが、個人の場合は税務署へ開業手続き、また、法人の場合はそれぞれの事情により、健康保険・厚生年金関係は社会保険事務所へ、雇用保険関係はハローワーク、また、労災保険関係は労働基準監督署、そして、税金関連は所轄税務署、または、税務事務所に申請を行う。

深夜酒類提供飲食店営業の届出について

深夜の時間(午前0時から日の出前)に酒類販売を行う場合は、公安委員会に対して、「深夜酒類提供飲食店営業」を届出る事になります。

また、不明な点は地域の警察署・保安係に問い合わせとなります。

2.開業にあたっての留意点・準備

アイスクリームという性格もあり、夏期と比べると冬期の売上高は1/3程度に減少しますので、季節によって製造などの注意が必要です。

経営する際のポイントについて

■流動客が多いこともあり、季節感の演出やオリジナル商品の開発が求められます。また、接客マナーに注意して固定客を確保していくことが重要になります。

■テイクアウト形式に加えイートイン形式を採用する事で、顧客単価も上がり、売上高も増加してきます。

更にハンバーガーやパンなど、他の商品を組み合わせることで売上高が確保出来る可能性があります。その他にも、中国茶やウーロン茶、またカ洋菓子などを組み合わせることも良いでしょう。

■若い女性が多いので店舗イメージに注意して下さい。カジュアル形式、プリティタイプ形式、また、シティ形式など、客層に合わせた店舗づくりが必要です。

■顧客のニーズを把握して様々なバリエーションで勝負したり、オリジナルメニューで勝負したりするのも一つの方法です。しかし、その場合も、商品知識が不可欠になりますので注意しておいて下さい。

■最近の健康ブームに応える為、アイスクリームとの組合せ商品を提供する場合、牛乳や有機野菜などをお勧めします。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

開業に精通した専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
ご相談種類 必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。

飲食店に関するお店ごとの開業手帳