GE流、スタートアップで活かせる仕事術

創業手帳

日本GE 代表取締役 安渕聖司氏 インタビュー

日本GE 代表取締役 安渕聖司氏 著書『GE 世界基準の仕事術 プレゼントキャンペーン!!こちら

(2015/1/14更新)

世界最大のコングロマリットであるGE。その事業内容は、航空機エンジンから医療機器、金融事業と多岐に渡るが、それを支えるのは社内に存在する画期的な仕事のやり方だ。GEでは社員全員がリーダーシップを育むためにユニークな人材育成や人事評価を取り入れるなど、多くの企業が見習うべきところがある。そこで日本GEの代表取締役かつ金融部門GEキャピタルのCEOでもある安渕聖司氏に、GEの仕事術をベースに、起業したばかりの会社でも実践できる仕事術について話を伺った。
世界の巨人GEから学ぶ「グローバルな仕事術」

本文を読む

安渕 聖司(やすぶち・せいじ)
早稲田大学政治経済学部卒業後、三菱商事に入社。1990年ハーバード・ビジネススクールMBA修了。2006年にGEコマーシャル・ファイナンス・アジアに事業開発担当副社長として入社し、2007年9月にGEコマーシャル・ファイナンス・ジャパン社長兼CEOに就任。2009年よりGEキャピタル社長兼CEO。日本GE(株)代表取締役。

社員全員にリーダーシップを持って欲しい

ーGEでは、人を育てること、特にリーダーシップの育成に力を注いでいますが、改めて安渕さんが思うリーダーに必要なものを教えてください。

安渕:我々は常に「変化を起こしていく」ということを大事にしています。変化を起こすためには、リーダー自らが学び続けることが必要になってきます。リーダーにとって一番大事なことは、次々と仮説を立てて変化をドライブしていくこと。そして周りを巻き込む影響力を持ち、常に与えられた権限以上のことを達成していくこと。仕事をしていると、お客様も外の社会もテクノロジーも変わっていきます。そういった変化をキャッチアップして先取りしていくことがリーダーには必要です。もう1つ、結果を出すということもリーダーにとっては非常に重要と言えるでしょう。

ー他に必要なものはありますか?

安渕:常にベースになくてはいけないのが「Integrity」、つまり企業道徳や企業倫理のようなものを持つ必要があります。また、自分が人からどう見えているのかという自覚「Self-awareness」を持つことも非常に大事で、我々もそのためのトレーニングを取り入れています。

ー弱い部分がある人でもトレーニングによって伸びるのでしょうか。

安渕:もちろん伸びます。我々は基本的に、何かを教えられてリーダーシップが身に付くという考え方ではなく、トレーニングによって目覚めるという考えでやっています。理想とするものを見せてそうなりたいと思うかどうか。今は「Education」でなく「Learning」の時代なので、自分で気付く「Learning Organization」を目指しています。また、我々はリーダーは1人ではなく、社員全員がリーダーシップを持つべきと考えています。

ー創業したばかりの小さな会社の場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。

安渕:組織が小さければ小さいほど、自分が何をすべきか、この会社は何を目指しているのかということを全員でシェアしなくてはいけません。各々の役割以上に「もっとこんなことをやったらいいのではないか」ということを自分で考え、自発的に持っていく。小さい組織はそのアクションをどんどん起こして、全員で前に進んでいく必要があります。これは突き詰めるとやはりリーダーシップなのです。ですから、組織が小さければ小さいほど1人1人がリーダーシップを持つ必要があります。

創業したばかりの会社が最低限やらなくてはいけないことを挙げていくと、それだけで従業員の人数分以上の仕事量になってしまいます。それに対して個々がきちんと「自分はこれをもっとやっていこう」という自覚を持ち、毎日いろいろなアイディアを出していく。創業期の会社というのは、極端に言えば毎日状況が変わっていくわけですから、その変化のスピード感をそれぞれが持っていると非常に役に立つと思います。

創業手帳

カテゴリーから記事を探す