ホーム > 教えて先生!Q&A > OEMとPBの違い、メリット・デメリット は?
用語

OEMとPBの違い、メリット・デメリット は?

OEMとはOriginal Equipment Manufacturingの略で、製造業者が他社ブランドの製品を製造する事を言います。

OEMのメリットはですが、OEMには、生産する側と生産を依頼する側が存在し、それぞれにメリットがあります。生産する側は生産量を向上させる事が出来、製造コストも圧縮する事が出来ます。一方、生産を依頼する側は、需要により生産量を柔軟に調整でき、在庫リスクを減らす事が出来、工場設備を持つ必要がない為、コスト削減につながります。デメリットは、生産する側は自社ブランドの構築や育成が出来ない点であり、生産を依頼する側は自社の生産の技術力が蓄積出来ないという点です。

PBとは、プライベートブランドの略で、小売業者や卸売業者などの流通業者が独自に製品を生産し、名前やマークをつけて所有・管理するブランドの事です。

メリットは、自社で自由に商品の価格を決める事が可能で、低価格により納入できる為、コスト面で優位性があります。また、独自販売の為、差別化も図ることが出来ます。一方、デメリットは、コストを抑える為、大量生産する必要があるので、販売数を増やす必要があり、また、自社開発である為、知名度の点では優位性を持てません。また、販売計画も自社で行う必要もありマーケティングが非常に難しいです。

専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
ご相談種類必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。