ホーム > 教えて先生!Q&A > 出資と融資の違いとは?
資金調達・会計

出資と融資の違いとは?

出資も融資も、資金調達の1つですが、違いは返済が必要か否か、出し手に何を返すか、にあります。

出資は、「返さなくてよい」お金で、出し手に対しては「株の値上がり益と配当」を返します。

融資は、「返さないといけない」お金で、出し手に対しては「金利」を返します。

また、出資は株を発行しなければならないため、経営権の部分的な譲歩を伴うといえます。そのため、経営権を保持したい場合は、融資にとどめ、出資を受けないという選択肢もあります。

一方、出資を受けると、投資元(親会社)は、投資先の株式価値の増大のために協力してくれることがあります。出資を受ける場合は、金銭的な条件だけでなく、シナジー効果(相乗効果)や協力が得られるかも、チェックすべき重要なポイントです。

専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
ご相談種類必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。