フーレセラピーサロンの開業手帳

  • ここ数年、日本人は仕事や家事の疲労で腰痛などの生活習慣病を発症するケースが多くなっています。日々の疲れの解消、マッサージで疲労をとる目的でマッサージ業やリラクゼーションサロンが存在し、フーレセラピーサロンというのもその一つとされます。
  • フーレセラピーとは通常のマッサージとは少し違い、足の裏を通じて色々な角度から筋肉をほぐしていくマッサージです。1点を刺激する普通のマッサージより痛みが少ないのが利点とされます。面を使い広範囲へフーレセラピーで力が分散される為、ピンポイントでの痛みを感じることがなく、気持ち良い状態で日頃の疲れや体の痛みを取り除くことが可能です。
  • 筋肉の疲労をほぐすことで疲労回復の他に、血行を良くしリンパの流れも正常になる為、体の内側(内臓)にも効果があるとされています。それにより、女性に多い体の悩み(便秘、肌荒れ、肩こり)に対しての効果が期待されます。

1.開業に必要な手続き

フーレセラピー協会直営の学校での講習、資格検定試験に合格をすると、フーレセラピストと名乗ることができます。

個人事業主として開業する場合は、個人事業の開廃業等届出書、所得税の棚卸資産の評価方法・減価償却資産償却方法の届出書、青色申告承認申請書等を開業地税務署へ提出が必要です。

また、個人事業開始申告書は開業地の都道府県税事務所へ提出となります。不明点は開業地の管轄行政に問い合わせをすることになります。

2.開業にあたっての留意点・準備

施術者はマッサージとは違い、お客様の足に対し体重をかけるだけである為、接客維持の負担が軽い事が特徴です。ただ、マンツーマンでの接客となる為、客とのコミュニケーションが必須です。また、人体の知識を兼ね備えおく必要があります。

経営に関しては資格を取得していれば開業は可能ですが、客層を選定しての開業地を選ぶことが重要です。オフィス街や、市街地のほうが客の取り込みに有利と考えられます。近年同業者が増えている為、独自のサービスなどを考えることも大切になります。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

開業に精通した専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
会社設立日(任意)

ご相談種類 必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。

美容室・サロンに関するお店ごとの開業手帳