3/14開催!活躍中のグロースハッカーを表彰する「Growth Hacker Awards 2017」レポ

創業手帳

21世紀の新しい雇用と働き方の創出を目指すKaizen Platformの新サービスも発表!

(2016/03/15更新)

本文を読む

Growth Hacker Awardsとは?

Webサイトの効果や収益を高め、企業やサービスを急成長させる仕掛け人を「グロースハッカー」と言います。

そんなグロースハッカー達の「”カイゼン”したい」という思いと企業と結びつける”プラットホーム”を作っているのが、同アワードを主催する、Kaizen Platform。

彼らのカイゼンにより、企業のWebページが”1億円以上の改善効果”を生んでいることも珍しくないとのこと。言わば「縁の下の力持ち」であるグロースハッカーを讃え、活躍の場を一層広げていくために創設されたのが「Growth Hacker Awards」です。

各賞受賞者の表彰&トークセッション

株式会社リクルートジョブズや株式会社パソナテック、⼤東建託株式会社など協賛スポンサーから贈られるアワードや、部門ごとの表彰も。

グロースハッカー同士のトークセッションでは、実際の案件を例に、どのような仮説検証~施策を経て数値がアップしたのか、という具体的なお話が聴けました。

「誰に何を届けて、どうアクションして欲しいのか?」「ユーザーのワクワク感を大事にする」などマーケティングに関わる全ての人に勉強になる内容でした。

Kaizen Platformが打ち出す新サービス

本アワードの最後には、Kaizen Platform, Inc. CEOの須藤憲司氏から、Kaizen Platformが打ち出す新サービスについて発表がありました。

1つ目に、「インスタントオファー」と呼ばれる、サービス。「このクリエイティブだけをカイゼンしたい!」といった場合に利用できるピンポイントで依頼ができます。

2つ目に、「オーディエンス設定」と呼ばれる、コンテンツの出し分けができるサービス。よりユーザーをセグメントした効果検証が可能となります。

3つ目に、「イベントトラッキング」。購入や申し込みなどのボタンを押した際の計測が簡単にできます。

4つ目に、4月から公開される予定の「Kaizen Assistant」。サイトの改善点を自動で発見してくれます。

新サービスからも分かる通り、AIとの連携を強めているKaizen Platform。人とAIが組み合わさることで、仕事が減っていく…のではなく”新たな仕事を創造したい”とのこと。これからのKaizen Platformにも注目していきたいです!

関連記事>>
須藤憲司氏インタビュー| 「人」を軸にした、Kaizen Platform流 ”オープン経営”

(編集:創業手帳編集部)

創業に役立つ定番ツール・サービスの資料・特典

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す