世界で7,500万人が利用するWeb制作サービスWix創業者インタビュー

創業手帳

Wix共同創設者兼CEO アヴィシャイ・アブラハミ氏(創業手帳・海外支社の直撃インタビュー)

(2015/07/16更新)

プログラミングやデザインの知識がなくても、簡単に無料で、ハイセンスなウェブサイトを作ることができる、Wix。14ヶ国語に対応し、オフィスも世界各地にある大企業ですが、その創立は2006年と、設立からまだ10年も経っていない会社です。今回は、そんなWixの共同創設者兼CEOアヴィシャイ・アブラハミ氏に、Wixの発展と今後の展望を、海外支社のカトリーナ記者がインタビューしました。

Wixの詳細はこちら>>「無料でプロ並みのホームページが作れる!」

NASDAQ picture of Wix: Interview with Wix CEO and Co- founder Avishai Abrahami

NASDAQ picture of Wix: Interview with Wix CEO and Co- founder Avishai Abrahami

本文を読む

Avishai Abrahami(Wix CEO and Co-Founder)
ハイテク業界での経験が豊富な起業家&ディベロッパー。Wix設立に先立ち、創設者または役員として複数のベンチャー企業を先導した経験があるほか、15以上のソフトウェア製品のリリースを手掛た。

創設者が自ら語る、Wixの強みとは?

ー2006年にWix社を創業されたとき、どのような経緯やアイデアから現在のビジネスに繋がったのでしょうか?

アビシャイ:2006年、私と共同経営者たちは他のベンチャー企業をやっていました。技術系企業家として経験がありましたので、会社のウェブサイトを私が作ると申し出たのです。簡単にできるだろうと高を括っていたのです。

しかしウェブサイトを作るのは予想外に難しかったのです。2、3日試行錯誤したのですが、そのときに「誰でもできるようウェブ制作を簡単にする」という新しい方向性が見えてきたのです。Wixが、利用者に思い通りのウェブサイトを作ることに専念してもらえるよう、複雑なテクノロジーと取り組んでいるのはそのためなのです。

ーWixが持つ機能やデザインの特徴は何でしょうか?

アビシャイ:Wixは驚くほど豊かで強力な機能を持つウェブサイト・エディターで、利用者は美しくて効果的なウェブサイトを足がかりにオンラインでビジネスを始めることができます。この段階をクリアすると、今度はウェブプレゼンスを作り出すだけでなく、目的に合わせてビジネスを管理する必要がでてきますが、WixならApp Marketやその他のソリューションを利用することでそれが実現します。後方業務ツールからソーシャルメディアの利用、そしてeコマースまで、すべてのニーズをWixで満たすことができるようになっているのです。

Wixを際立たせているのは、美しくてカスタマイズ可能なウェブサイトのテンプレートを何百も用意していることです。テンプレートのデザインを手がけているのは、社内の優秀なデザイナーたちで、あらゆるビジネスを斬新で魅力的にプレゼンテーションできるよう、日々磨きをかけ続けています。

二人として同じ利用者はいないわけですから、多様なオプションを用意してそれぞれのニーズに応えられるようにしています。例えば、製品を日本向けにローカライズする前に、当社ではチームを日本へ派遣して文化を体験し、日本のユーザーに受け入れられる独自のコンセプトやデザイン、アイデアを盛り込んだ新しいテンプレートをリリースしました。

image08 image09
image10 image11
ーWixのウェブ開発ツールの中で、Eコマースやビジネスサイトを立ち上げようとする人たちにとって役立つツールはどれでしょうか?

アビシャイ:当社のeコマースソリューションであるWix ストアでは、簡単に美しいオンラインストアを作るためのツールを揃えています。Wixストアでは商品を美しく陳列し、在庫と注文を本格的な店舗管理プログラムを使って管理することや、複数の支払いオプション、安全な決済、クーポンの導入などが利用可能です。

加えて、Wixを使ってオンラインストアを作ると、Wixプラットフォームで提供されている他のツールも使うことができます。例えばモバイルソリューションや、引き続き充実を続けているWix App Market、eメールマーケティングやソーシャルメディアの組み込み、顧客情報の管理といったツールです。 

ーWixのプラットフォームはHTML5を採用することでさらによくなりましたが、フラッシュのソフトウェアと比べてHTML5のよい点はどういうところで、利用者にはどのような影響があるでしょうか?

アビシャイ:HTML5エディションを発表したのは2012年初頭でした。優れた性能を持つビジュアル・プラットフォームとしてフラッシュはまだ力を持っていましたが、HTML5には新しい技術性能とソリューションがあり、私どもがやろうとしていることに合っていたのです。

出来上がったウェブサイトが本格的で見た目にも魅力的で、そして何よりデスクトップやタブレット、スマホといったあらゆるデバイスからでも見られる、そんなプラットフォームを作ることがHTLM5に移行する際の目標でした。パワフルで操作が簡単なインターフェースとデザインの柔軟性という、既存の利用者に親しまれていた良さは維持しながらそれらを行うのです。3年前にこの移行をして、Wixプラットフォームを発展させつつ目標のすべてを達成し、今日ある包括的なソリューションに変化していきました。
PCサイトと同時にモバイルサイトも完成

ーグーグルがモバイル体験を強化するような新しいアルゴリズムを導入しました。これに対してWix社はどのように対応しますか?またWixのモバイル・エディターの特徴を教えてください。

アビシャイ:「モバイルゲドン(モバイル最終戦争)」とも呼ばれるグーグルによるアルゴリズムのアップデートはネット検索結果に激震をもたらし、特に技術やリソース、ノウハウが不足しがちなスモールビジネスは大きな打撃を受けました。

私どもは何百万人というスモールビジネスオーナーの皆様に支持されるプラットフォームですから、完璧なモバイルバージョンなしにオンライン上のプレゼンスは完結しないということを早くから理解していました。Wix利用者のデスクトップにあるウェブサイトを自動的にカスタマイズ可能なモバイルサイトに切り替えるというソリューションを開発したのは、こうした理由からです。私どものすべてのウェブサイトをモバイル用に最適化しただけでなく、各企業は提供するモバイルサービスを最大化しカスタマイズできるよう、個別に編集することも可能になっています。

ー Wixにはカスタマイズ可能なテンプレートがあって、「ドゥー・イット・ユアセルフ」的なウェブ開発プラットフォームですが、市場に出ている他のウェブ開発プラットフォームとの間にどのような違いがあるのでしょうか?

アビシャイ:ウェブサイト・ビルダーを提供する会社はたくさんありますが、Wixには圧倒的な付加価値があります。最高度のデザインの柔軟性と利用者が思い描くとおりのウェブサイトが作成できる性能を持つだけでなく、利用者が自らのビジネスをオンラインで立ち上げ、成長させ、管理することが可能な、包括的なオンライン・プラットフォームであるという点です。

プロが作ったかのような美しい見た目のウェブサイトであることは重要ですが、見た目に加えて機能もまたとても重要です。Wixは、小企業のオーナーが成功するのに必要なものすべてを、一元的クラウドベースのプラットフォームを通じて提供しています。

ークラウド・ウェブ開発プラットフォームのリーディングカンパニーとしてWix社が構築してきた、最先端技術と最適化ツールについて詳しくおきかせください。

アビシャイ:私どもはウェブサイト・ビルダーから始まり、誰もがオンライン上でビジネスを始め、管理、拡大できる、便利なプラットフォームを作ることへと進化してきました。利用者にとって直感的に利用できて簡単であるということを常に大切にしてきましたが、それを裏で支える技術は非常に革新的で複雑です。

利用者のWebプレゼンスを最大化するため、Wixのプラットフォームに最高の技術を反映する新しい方法を探すべく、当社では何百人という開発者が日々働いています。Wixは今ではウェブサイト作成という枠を超えた製品を提供しています。例えばWix ShoutOutというeメールマーケティングのソリューションや、顧客管理システム、バックエンドビジネスツール、そしてホテルやミュージシャン、レストランといった特定の産業に特化した製品も提供しています。
無料アプリが豊富に揃う

創業手帳

カテゴリーから記事を探す