飲食開業手帳

ステーキハウスの開業手帳

  • ステーキハウス店は、その名前の通り、ステーキが主になった飲食店です。1970年以降、ファミリーレストランが成長してきましたが、ファミリー用の安価なステーキハウスに人気が集まり、ステーキハウスの認知度も上がってきました。
  • 高級和牛が主になった高価ステーキハウスの人気も高くなっています。高級店では松阪牛と言ったブランド牛の提供や有名な料理人がお客の前で実際に調理し差別化を図っています。
  • 牛肉は男性や子供たちに人気があるメニューですが、最近のデフレの影響もあり個人の支出も抑えられています。その為、他社との差別化戦略ができている業態は成長していますが、それ以外の店舗は苦戦しています。

1.開業に必要な手続き

飲食店を開業するためには、いくつかの届出が必要になります。

食品衛生法と食品衛生責任者

店舗所轄の保健所の食品衛生課に営業許可の申請を行う必要があります。食品衛生法の規定では各店舗に、食品衛生責 任者を1人置く必要があります。

食品衛生責任者は、調理師、栄養士、製菓衛生師などの資格が必要で、資格者不在の場合は、保健所が行っている食品衛生責任者講習会を受講すれば資格取得も可能です。

税務及び社会保険関係について

通常の開業手続きですが、個人の場合は税務署へ開業手続き、また、法人の場合はそれぞれの事情により、健康保険・厚生年金関係は社会保険事務所へ、雇用保険関係はハローワーク、また、労災保険関係は労働基準監督署、そして、税金関連は所轄税務署、または、税務事務所に申請を行う。

深夜酒類提供飲食店営業の届出について

深夜の時間(午前0時から日の出前)に酒類販売を行う場合は、公安委員会に対して、「深夜酒類提供飲食店営業」を届出る事になります。

また、不明な点は地域の警察署・保安係に問い合わせとなります。

2.開業にあたっての留意点・準備

経営形態には次の2タイプがあります。

・独立型
開業資金やメニュー開発、また営業ノウハウなど努力が必要ですが、努力することで高収益も可能です。

・FC型
開業準備は簡単ですが、FC本部の選択が求められます。

立地条件について

業態により立地条件も変わってきます。

■ファミリー向け業態
ファミリー用のステーキハウスは郊外に位置しており、大型店舗が多くなっています。ファミリー層の存在、また交通量と車場の確保が重要になります。

■高級業態
高級店はイベント接待などに利用されることも多く、駅前に出店するケースが多くなっています。高級店を利用する数が少ないこともあり、対象となる顧客層の数や所得水準が大きな要素になってきます。

経営上の留意点について

■ファミリー用の業態
・低価格戦略
・開放的、かつ、清潔感のある店舗
・女性や子供、また高齢者用のメニュー
・駐車場が必要

■高級業態
・高客単価
・内外装や照明での高級感の演出
・松阪牛、神戸といったブランド牛を使うことも多くなっています
・駅前立地では小型店舗も多くなっています

FC加盟の検討について

個人店舗の場合、他店舗との差別化戦力は厳しい面があります。焼肉店も競争も激しい為、多くの業態が出てきています。

その為、FC加盟によって、生き残りをかけるのも一つの方法になります。競争相手はステーキハウスだけでなく回転寿司も該当します。このような競合に打ち勝つ為にも、FC加盟も選択肢の一つになります。

FC加盟のメリットは、本部の経営方針の継承、スタッフ教育、研修システム、またブランドの活用などが挙げられます。特に経験がなくても参入出来ます。

しかし、加盟金やロイヤルティーが発生し、加盟をしても売上の保証はありません。その為、本部の選択が重要になってきます。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

開業に精通した専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
ご相談種類 必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。

飲食店に関するお店ごとの開業手帳