農業のイノベーターに聞く、これからの農家が進むべき道

創業手帳

NPO法人農家のこせがれネットワーク代表 宮治勇輔氏インタビュー

大学卒業後、大手人材派遣会社に就職するも、起業を目指しながら勉強を続け、最終的には家業の養豚業を継いだ株式会社みやじ豚代表の宮治勇輔氏。独自の手法で売り上げを伸ばし、新たなビジネスモデルを確立した宮治氏だが、その後選んだのは事業の拡大ではなく、自分と同じような境遇の農家の息子たちを応援するNPO法人の立ち上げだった。2009年からNPO法人「農家のこせがれネットワーク」の代表を務め、農業プロデューサーとして活躍する宮治氏に、これからの農家が進むべき道について話を伺った。

農業のイノベーターに聞く、これからの農家が進むべき道

本文を読む

宮治 勇輔(みやじ・ゆうすけ)
慶應義塾大学総合政策学部卒業後、株式会社パソナに入社。営業・企画・新規プロジェクトの立ち上げなどを経て2005年に退職。実家の養豚業を継ぎ、2006年に株式会社みやじ豚を設立。生産は弟、自身はプロデュースを担当し、独自のバーベキューマーケティングにより2年で神奈川県のトップブランドに押し上げる。2009年にNPO法人農家のこせがれネットワークを立ち上げ、「一次産業を、かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業に」を目標に日々奮闘している。

農業の問題点は2つだった

ー宮治さんは、サラリーマンを経て実家の養豚農家を継いだそうですね。

宮治:最初は親父の跡を継ぐ気なんてまったくなくて、30歳までに起業したいと思っていました。出社前にそのための勉強をして、勉強と言ってもビジネス書や新聞を読む程度ですが、そうするうちに自然と農業の本ばかり手に取るようになっていたんです。そのうち農家のステイタスの低さを感じるようになって、解決するためには2つの問題点をクリアしなければいけないということに気が付きました。

ーどういったところが問題点だと?

宮治:1つは農家に価格の決定権がないということ。農家は大量の農作物を市場に全量出荷して買い取ってもらいますが、その代わり価格の決定権がありません。そのため、相場がいいときは良くても悪い時は赤字になる、ということを繰り返しています。

もう1つの問題点は、流通する際に生産者の名前が消されてしまうということ。例えば、豚は地域ごとにまとまってブランド化を図って流通させるのが一般的ですが、えさや血統を揃えても生産者の技術や育て方で味は大きく変わってきます。有名な銘柄豚は数十から数百軒の生産者によって作られていますが、生産者によって味に優劣があることが分かってしまうとブランドとしての体をなさなくなるので、パッケージには銘柄名しか入っていません。でも作る側としては、美味しくもない豚を作っている農家と自分たちのところが同じ評価というのは納得がいかないですよね。

ーそれはそうですよね。

宮治:農業はここ30年ぐらい後継者不足だと言われていますが、僕は後継者がやりたがらないような農業の仕組みが悪いんじゃないかと思って。その時学生の頃にやったバーベキューを思い出したんです。バーベキューを取り入れれば2つの問題点が解決できるなと。

ーバーベキューにヒントが隠されていたんですか?

宮治:豚は生きたまま出荷するので、自分のところの豚だと認識してスーパーで買うことはできません。どう流通して誰が食べているのか分からないんですね。でも年に1回行われる共進会という肉質のコンテストの時だけは、生きたまま出荷した豚が肉になって戻ってきます。その時に大学の友人を呼んでバーベキューをやったら、食べたメンバーが皆感動してくれたんですよ。そこで初めて「うちの豚はうまいんだ」ということに気付いたんです。

でも「この豚肉はどこに行けば買えるんだ」と聞かれてもまったく答えられなかった。親父に聞いても分からないと。その時疑問を抱いたのが僕の原体験です。その時と同じようにお客さんにもバーベキューをやってもらえば、その肉がどこのものでどんな味かということがきちんと分かってもらえるじゃないですか。

ーそこから独自のルートで流通をスタートさせたんですね。

宮治:養豚農家は通常自分たちの豚を屠畜場に持ち込んで終わりですが、僕らは屠畜場に出入りしている問屋に肉をストックしてもらって、注文を受けたらその都度問屋から各取引先に送ってもらうというシステムを構築しました。一度全量出荷して売れた分だけ問屋から買い戻す仕組みなので、ノーリスクでできるんですね。このビジネスモデルがみやじ豚の一番の肝になっています。

創業手帳

カテゴリーから記事を探す