メルマガで顧客の心をつかむ14のポイント

創業手帳

メルマガで顧客とコミュニケーションをとるときの注意点

mailmagazine_basic_figure01
メールマガジン、いわゆるメルマガは、Webツールの中でプッシュ型の発信ができるという特徴を持つ手法だ。

メルマガのメリットは、低コストで多数の顧客にコンタクトできることである。キャンペーンやニュース情報の発信、有益情報や親近感を高めるようなネタを顧客に向けて発信することで、顧客のロイヤリティを高めるのに大変有効である。また、クーポンの配布やネットショップ・お店への誘導など様々な活用が可能だ。

一方で、受け取る側にとって意味がないメルマガを送り続けると、顧客にとっては迷惑だ。

では、顧客が読みたい!と思うような内容のメルマガはどうやってつくればよいのだろうか?メルマガにも書き方の作法がある。以下にメルマガ作成時のポイントをまとめたので、参考にしてもらいたい。

本文を読む

メルマガで顧客の心をつかむ14のポイント

    メルマガ作成時のポイント

  1. 配信先を絞り(セグメントし)、配信対象が読みたいと思う情報を盛り込む。
  2. モバイル・PCで文面を分ける。
  3. PC版のメルマガのフォームは、スマホやタブレットでのメール受信も想定して作成する。
  4. 文面に、誤字脱字やリンク切れなどがないように配信前にチェックする。
  5. メルマガを開封してもらうための工夫

  6. タイトル勝負。一見で読んでみたいと顧客が思わせるようなタイトルをつける。
  7. 配信の時間帯を考える。顧客層をイメージ(「夕方の通勤時間帯にスマホで読む」、「お昼過ぎにPCで読む」など)し最適な時間帯に送付する。また、深夜のモバイル向け配信は避ける。
  8. メルマガを読みやすくする工夫

  9. 身近なネタを入れて親近感を出す。
  10. 文章が長すぎない。
  11. 改行や飾り線をうまく活用する。
  12. 顧客名を文明の宛名に入れると効果的。文面に送付先の顧客名を自動で入れることができるようなシステムを利用すると効果的
  13. メルマガを読んで行動してもらうための工夫

  14. 有益な情報発信を心がける。想定する顧客の興味を引く情報を入れる。
  15. ポイントやクーポンなど、割引情報のようなお得情報で、メルマガを読んだ顧客の行動を促すような特典をつける。
  16. その他のポイント

  17. メルマガのバックナンバーをWebに掲載するなどWebと連動させる。SEOの効果もある。過去の古い情報がWebに残ることになるので注意が必要。
  18. マルマガの開封率や文面のリンクのクリック率をチェックできるようにする。効果を測定し、メルマガの質を改善していく。
この記事のタグ:, , ,

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す