漫画編集者から起業家へ。佐渡島庸平氏の、人生を”7/7”まるごと楽しむ極意

創業手帳

株式会社コルク代表 佐渡島庸平氏の、仕事を楽しむ極意を徹底取材

(2016/04/26更新)

高学歴、講談社入社、数々の大ヒット漫画の編集者と、出版界の誰もが憧れる超エリートコースを歩んできた佐渡島庸平氏。天職とも言える出版編集者を辞め、自ら起業し、クリエーターエージェント業を日本に根付かせる挑戦を決意。漫画で人を楽しませてきた様に、起業家となった今も、仕事を楽しむマインドは変わらない。編集者から経営者とへと転身した佐渡島氏の仕事観、その軸となっている経験を全二回に渡ってお届けしたい。

本文を読む

佐渡島 庸平(さどしま ようへい)
1979年生まれ。中学時代を南アフリカ共和国で過ごす。帰国後、灘高等学校、東京大学文学部を卒業。2002年、講談社に入社。週刊モーニング編集部に所属し、井上雄彦『バガボンド』、三田紀房『ドラゴン桜』、小山宙哉『宇宙兄弟』、安野モヨコ『働きマン』など、数々の大ヒット漫画の編集を務める。TVアニメ、映画実写化も実現。2012年に講談社を退社し独立。作家のエージェント会社、株式会社コルクを設立した。

どうやったら、毎日が楽しくなるだろう?

ー著書「ぼくらの仮説が世界をつくる」の中で、「仮説・検証は、ビジネスマンだとやったほうがいいのに案外できていない」と書かれていますが、仮説を立てる効果についてお話いただけますか? 

佐渡島:何かについて「これって、もしかしたらこうなんじゃないか?」と予想して、どうだったかと見ると、違った場合に「何で予想が違ったんだろう」と考えて、軌道修正したりしていると楽しいものです。

些細な楽しいことを積み重ねていくと、他の人が達成できないような大きな目標を達成できたりします。

毎日淡々と仕事を続けるのは、すごく難しいことです。

起業する時、多くの人は「誰もやったことのない、特別なことを特別なアイディアでやるぞ!」と思うわけです。

けれども、大成功している会社のほとんどは、絶対に誰も思いつかないアイディアを出しているというよりも、特別なことは無いけれども、正しいことを正しくできている会社です。

ですから、仮説と検証というのは、単に「どうしたら毎日が楽しくなるかな?」ということを格好良く言っているだけなのです。

ー毎日楽しく仕事が出来ている人は少ない様に感じますね。

佐渡島:多くの人たちは、ノルマをこなすだけでいっぱいいっぱいになっていて、自分が楽しむことをほとんどやっていないですよね。

でも、物事を変えていく時は、アドオンで何かやらない限りは変わらないという、すごくシンプルな話だと思います。

創業手帳

カテゴリーから記事を探す