創業時に実践すべきWebマーケティング

創業手帳

会社設立後、インターネットで販売促進をしようと思ったとき、何から始めたらいいのか?専門家に聞いてみた。

インターネットの普及によって、企業の営業活動はより安価に、より効率的に行えるようになった。しかし実際にはインターネットを活用して積極的なマーケティング活動を行っている起業家はそれほど多くない。
その理由はWebマーケティング特有の分かりにくさにある。スタートアップ企業はいかにしてWebマーケティングを実践するべきなのか。インターネットを使ったマーケティングの専門家である『ルビー・マーケティング株式会社』取締役COOの下川氏と、ビジネス開発部ディレクターの武井氏に話を伺った。

RUBY1

本文を読む

(写真右)ルビー・マーケティング株式会社 取締役COO 下川弘樹
福岡県生まれ、東京大学法学部卒。 NTT東日本・NTTコミュニケーションズにて、金融系ASPサービスの企画・セールスに携わる。 2008年、Google株式会社へ。 6年にわたり、広告営業組織にてGoogle AdWordsの普及に尽力。
(写真左)ルビー・マーケティング株式会社 ビジネス開発部ディレクター 武井公也
山梨県生まれ、慶応義塾大学大学院理工学研究科卒。 修士論文は「昆虫を模擬した翼を用いた羽ばたき運動時のPIV計測」をテーマに流体力学を専攻する。 卒業後、Google株式会社に入社し、Google AdWordsの営業、プロダクトスペシャリストの職を経て、2014年7月からルビー・マーケティング株式会社に参画。

Webマーケティングとは

-Webマーケティングとはどういったものですか?

武井:Webマーケティングというと聞きなれない言葉や横文字が並び、なんだか難しそうというイメージがあります。それがWebマーケティングを敬遠するきっかけとなっていると考えています。しかし、実は単純なことで、「インターネットを使っていかに売上をあげるか」という手法全般がWebマーケティングなんです。

たとえば、誰かと知り合いになってメールアドレスを教えてもらい、「これがうちの商品です」とメールを送るのもWebマーケティングの一部です。
飲食店を開いたばかりの人が、お店の前で「新しくお店を始めました」とチラシを配っているとします。それをWebマーケティングに置き換えるとホームページを作って告知を始めた感じかもしれません。現実と違う点としては、Webマーケティングを活用すればターゲットに直接アプローチできるようになります。つまり、興味のある人だけにチラシを配ることが可能です。

「日常的に行っていること」がWebマーケティングの発想の一端で、そのように理解することが最初の一歩かと思います。


-Webマーケティングの手法にはどのようなものがありますか?

武井:代表的な手法として「検索連動型広告」というインターネット広告があります。インターネットで検索すると検索結果の上部や右側に表示される広告で、俗に「リスティング広告」とも呼ばれています。
たとえば、渋谷でラーメンを食べたいと思ったとき「渋谷 ラーメン」と検索することが多いと思います。その検索結果の上側や右側に「渋谷のラーメンだったらこちらがおすすめです」という形で広告を出すことができるものです。あとは昔ながらの「バナー広告」もよく見られますね。Yahoo! JAPANのトップページ右上にあるような広告です。いずれにしても、最近はユーザのニーズに沿った形で、細かな広告掲載の設定ができるインターネット広告が伸びています。


-そういった広告を、起業したての会社が活用するのは難しいでしょうか?

武井:実は利用者の数で言うと圧倒的に中小企業が多いんです。低予算で多くの企業が利用しているのが実情ですね。なので、それほど垣根は高くないんです。

下川:問題点として考えられるのは、広告を運用するシステムが複雑なことかと。一般的な中小企業さんに使いやすいとは言いにくいですね。ただ、使い方さえマスターすれば、十分に費用対効果が得られる質の高い広告と思っています。弊社はそのあたりのサポートが必要だと考え、サービスを展開しています。

創業手帳

カテゴリーから記事を探す