飲食開業手帳

たこ焼き店の開業手帳

  • お手軽価格で軽食にも適している食べ物ということで、幅広い年齢層の人達から利用されています。
  • 経営する為には、最低でも2坪の広さがあれば可能ということで、開業費用も安く抑えられます。その為、個人経営を営む人も増えていますが、最近はFC展開で行うところも増えています。その結果、店舗数も全国的に増えており、競争も激化しています。

1.開業に必要な手続き

飲食店を開業するためには、いくつかの届出が必要になります。

食品衛生法と食品衛生責任者

店舗所轄の保健所の食品衛生課に営業許可の申請を行う必要があります。食品衛生法の規定では各店舗に、食品衛生責 任者を1人置く必要があります。

食品衛生責任者は、調理師、栄養士、製菓衛生師などの資格が必要で、資格者不在の場合は、保健所が行っている食品衛生責任者講習会を受講すれば資格取得も可能です。

税務及び社会保険関係について

通常の開業手続きですが、個人の場合は税務署へ開業手続き、また、法人の場合はそれぞれの事情により、健康保険・厚生年金関係は社会保険事務所へ、雇用保険関係はハローワーク、また、労災保険関係は労働基準監督署、そして、税金関連は所轄税務署、または、税務事務所に申請を行う。

深夜酒類提供飲食店営業の届出について

深夜の時間(午前0時から日の出前)に酒類販売を行う場合は、公安委員会に対して、「深夜酒類提供飲食店営業」を届出る事になります。

また、不明な点は地域の警察署・保安係に問い合わせとなります。

2.開業にあたっての留意点・準備

たこ焼き店の経営形態

独立型
経営ノウハウ、また、資金といった開業準備が必要になりますが、努力次第で高収益も可能です。

FC型
開業準備が容易になりますが、FC本部の規定に従うことになりますので選定が重要になります。

品揃え

専門店型:たこ焼きだけを取り扱うお店で、オリジナル商品や他人にない商品の品揃えが必要です。

複合店型:たこ焼きの他にも、たい焼きやお好み焼きといった別の商品を取り使う店舗になります。多くの商品構成が重要になります。

立地についてはスーパーなどの入り口、また、デパートなどのフードコート、更に駅前などの商店街や住宅街が適しています。

店舗の規模

10平方メートル(およそ3坪)未満の店舗の場合建築許可が必要ありません。FCの中には3坪タイプをお勧めするところもあります。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

開業に精通した専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
会社設立日(任意)

ご相談種類 必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。

飲食店に関するお店ごとの開業手帳