【第三回】気鋭の女性起業家・ビザスク端羽社長「知識と経験の流通を変える」

創業手帳woman

「株式会社ビザスク」代表取締役社長 端羽英子氏インタビュー(3/3)

【第二回】注目の女性起業家が実現する「誰でもプロに簡単に相談できるサービス」ビザスク

「結婚」「出産」「育児」。日本の女性がキャリアを築いていく中で、大きな障害となるこれら3つの要素。そのすべてを20代で経験し、キャリアを形成してきた端羽さんは、自身の体験をもとに「スキルを有効活用できるサービス」を展開する。私たちの働き方は、これからどのように変わっていくのか。キャリアの変遷から創業時の苦労まで幅広く伺った内容を、全3回にわたってお送りする。

前回を見逃したかたはこちら>>
【第一回】端羽英子社長「ボストン子連れ留学からの起業」資金調達ここだけのハナシ
【第二回】注目の女性起業家が実現する「誰でもプロに簡単に相談できるサービス」ビザスク

2015-03-04 17.31.50川本修正

本文を読む

端羽 英子(はしば・えいこ)
東京大学経済学部を卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。投資部門にて企業ファイナンスを担当する。退職後は米国公認会計士の資格を取得し、日本ロレアルに入社。ボストン留学を経てMBA(経営学修士)を取得。投資ファンドのユニゾン・キャピタルにて企業投資を5年間経験し、株式会社ビザスク(旧:walkntalk)を設立。グロービス・マネジメント・スクール講師という顔も持つ。

前回の内容
「子供を連れてボストン留学から帰国し、起業した端羽社長。女性起業家としての意外な壁にぶつかりながらも、誰でも簡単にプロに相談できるサービスのビザスクを立ち上げた。ビザスクが実現する知識と経験の流通を変える社会とは」

プライバシーポリシーより大切なこと

ービザスクを利用した方の成功事例があればお聞きしたいのですが。

端羽:たとえば、水産物を加工したベビーフードを考えられた方が、フード業界の方からアドバイスを受けたという事例があります。アドバイスを提供した人がもともとお菓子業界に携わっていたということもあり、販売先や卸業者などに関する情報を提供し、実際にサービスの展開へと結びつきました。

また、これは私自身が行ったアドバイスなのですが、CtoCのサービスを考えられている方で、プライバシーポリシーに関するアドバイスを求められました。ただ、そこではプライバシーポリシーについて考えるよりも、そのサービス自体がどうなのかということについて考えるべきでは、という話になりました。たとえば「カミングスーナーズ」などのサービスを使って反応を見てみるなどですね。起業を検討する場合には、プライバシーポリシーを気にする前に、まず需要があるかどうかを確かめてみる必要があると思ったのです。

その他にもフェイスブックページをつくったり、あるいは広告を打つこともできますよね。それほどお金をかけなくても顧客の反応をみる方法はあるわけです。先ほどの話で言うと、Yahoo!知恵袋は質問に対する答えがほぼ一定ですが、我々のサービスの場合1時間みっちり話すので、もっと話がふくらみます。結局、サイトを作る前にそういった需要の部分を確認するということで落ち着きました。周りに起業経験者がいなかったので聞けて良かったと言っていただけました。

やっぱり誰しも、自分の失敗談を語って納得していただけると嬉しいですよね。同じ失敗をしてもらいたくないですし。私だって最初の一年ぐらいは本当に何も知らなかったので、失敗の連続でした。

ー一般的なコンサルティングよりも、気軽に相談できますね。

端羽:そうですね。「◯◯総研」とかですと、一般的な起業家の人はなかなか頼めないじゃないですか。高いですし。ですので、気軽に使えるというのは強みですね。安価なものだと3千円規模からありますし。士業の方から専門的なことを聞くのもいいですが、起業経験者から聞けるというのはなかなか無いのではないでしょうか。

一度起業してしまえば、自分のネットワークをたどって聞くことは可能です。ただ、起業するかどうか迷っている人たちに対しては、弊社のサービスによって有益な情報を提供できると思います。そういった方々は、どこに相談すればいいのか分からないということが多いので。「スポットコンサル」のようなものですね。本を読んで学んでもいいのですが、人から聞くということも大切だと思います。

創業手帳woman

カテゴリーから記事を探す