デザイナーでない人も知っておくと便利なデザインの4原則~明日からPowerPointの資料作成にも使えます~

創業手帳

デザイン超入門!本格的なデザイン制作はしないけど、見やすい資料やチラシを作れるようになりたい!という初心者向け

デザイナーでない人も知っておくと便利なデザインの4原則

ビジネスの現場で「デザイン」するのは、なにもデザイナーだけではない。

凝った制作物は専門のデザイナーに制作を依頼するとしても、あなたのビジネス、商品やサービスの宣伝広告として簡単なチラシやホームページをつくるとき、あるいは社内外のプレゼン資料をつくるとき、デザイナーでないあなたも、ちょっとした「デザイン」をやっているのである。

本文を読む

何も本格的にデザインを学んだり、凝った模様やイラストを作成するわけではない。しかし、見やすくて解りやすいチラシやホームページ、資料を作れるようなりたいと考えている人は多いはずだ。

デザイナーではなくても、デザインの4原則をおさえて作成すれば、ある程度すっきりとした見やすい資料を作ることができる。今回は、そんな「デザインの4原則」を紹介したい。

デザイン業界では常識‐デザインの4原則とは

  1. 整列
  2. 近接(グループ化)
  3. コントラスト
  4. 反復(繰り返し)

整列

整列は、その名の通り、揃える事である。文章は基本左揃えにする。いくつかのグループに分かれている文章でも上と左が揃っていれば、見えない線が見え、目線移動がしやすく読み手に負担が少ない。

デザイン初心者は中央揃えは避ける。デザインを学んでいない人でついつい中央揃えをやってしまう人がいるが、中央揃えで全体にまとまりがある資料を作るのは難しいとされている。中央揃えは、高度な技術を持ったプロのデザイナーがやっている事があるが、自分の腕に自信がないデザイン初心者は場合は避けた法がベター。ただし、真ん中にポイントとなる図や写真がある場合などは中央揃えでも統一感が出る。

整列改

近接(グループ化)

近接(グループ化)とは、「関係のあるもの、同じグループに属するものは近づける」こと。下の図を見ていただくと分かりやすいが、文章に改行がなく続く場合より、文章の中に改行スペースがあると、「この固まり、この固まり、」と読んでいくことができる。「この固まりは同じ内容について書いてある」とぱっと見で解るので、そのような心づもりをもって読み始める事が出来、読むときのストレスが少なくなる。
写真と文章が混在する場合も近接(グループ化)が役立つ。「この写真についての説明はこの文章」直感で理解した上で、読み始めることができる。

近接(グループ化)されていると、全体の構成を把握して読め、読みやすさにつながる。
design

創業手帳送付申込み 創業手帳Web読者プレゼント

コントラスト

コントラストとは、強弱をつけること。デザインの解説書ではジャンプ率といっているものもある。たとえば、「目立たせたい文章は大きく、それ以外は小さく」あるいは、「タイトルを大きく、本文は小さく」などだ。このようにすることで、メリハリが出て見やすくなる。

コントラストは思い切ってやること。中途半端にタイトルの大きさと本文の大きさを変えただけでは、ぱっと見で違いが解りにくい為、そろってもおらず強弱もなく、一番見にくい状態になってしまうので注意が必要だ。

コントラスの方法は文字のサイズだけでない。色の強弱、余白のサイズ、フォントの種類を変えるなどの手法もある。ただし、フォントは多く使用しすぎると散漫になり見にくいので、デザイン初心者は一つの資料に2タイプのフォントまでにするのが、すっきりまとめるコツである。
コントラスト改2

反復(繰り返し)

反復(繰り返し)とは、文字通り繰り返し同じデザインを使用すること。ページ番号が毎回、同じ位置に同じ大きさで入っているのもその一例だ。

冊子の帯や見出しタイトルのデザインなど、統一したものが繰り返し使われていることで、「このデザインの見出しは大見出し」、「このデザインは小見出し」など、ぱっと見ただけで読み手に「これは大見出しか」と解り、読みに入りやすい。
反復改

まとめ

デザインを考えるときは、どこで誰に向けてどのような場面で使用するものかを考えて作成するのもポイントだ。

例えば、電車広告などではキャッチコピーを思いきり大きくして目立たせておき、あとは詳しく読みたい人に向けて小さい文章になっているものをよく見かける。たくさんある広告の中で目を引いてもらう為のデザインとなっている。

街で見かけた「いいな」と思ったデザインの雑誌、広告、チラシを見て「なぜいいのか」理由を考えるのもデザイン上達への道だ。良いデザインには、必ずその理由がある。常にその理由を考えるクセをつけよう。

【関連記事】これさえあれば1人でも失敗しない!起業前に準備すべき必要なもの【厳選7つ】

【関連記事】名刺・挨拶状・会社概要チラシ・営業資料は、創業後に必要な4つの印刷物

(創業手帳編集部)

創業手帳

カテゴリーから記事を探す