アクセス解析だけじゃダメ!事業成功に直結する「Web/ビジネス解析」とは

創業手帳

アクセス解析だけではもったいない!Webサイト活用術を徹底解説

homepage_header

(2016/04/14更新)

企業にとって、Webサイトは重要な役割を担っています。

自社のサービスやプロダクトの周知、集客、商品の購入など、Webサイトを作る目的はさまざまですが、最終的なゴールは売上を伸ばし、利益をあげることです。

Webサイトを最大限に活用するためにはアクセス解析だけでなく、Webサイトから流入した人がどれだけ会社全体の売上や利益をもたらしてくれるのかを把握しておく必要があります。

Webサイトへのアクセス数を増やすためにアクセス解析を行い、PDCAをまわすことは大切ですが、ゴールにたどり着くためには実はやるべきことがまだまだあるのです。

そこで、Webサイトの効果を最大化するための解析方法についてご紹介しましょう。

本文を読む

Webサイトを対象としたアクセス解析

まずは、基本となるアクセス解析についてお話します。
アクセス解析とは、Webサイトのアクセスログから情報を取得して解析する方法です。
解析ツールを使用して、以下の情報を取得します。

  • セッション数
  • Webサイトへ訪問した人がサイトから離れるまでを1回としてカウントした数

  • UU(ユニークユーザー)
  • Webサイトへ同じ人が複数回アクセスした場合に1回としてカウントした数

  • 滞在時間
  • Webサイトへ訪問した人がサイトから離れるまでの時間

  • 直帰率
  • アクセスした最初のページからそのままサイトを離れる人の割合

  • 離脱率
  • 全ページの中で該当ページがサイト訪問者が離脱する前に最後に見たページである割合

  • CVR(検索サイトコンバージョン率)
  • Webサイトを訪問した人の中で商品を購入した人の割合

またセグメント(Webサイト訪問者の属性)情報を活用して、時間帯や男女比・性別などで傾向を見たり、何回目の訪問でCV(コンバージョン)に至ったか、どのページを見たユーザーがよりCVしやすいのかを見たりすることで分析を行います。

デジタル領域全般が対象となるWeb解析

アクセス解析とはサイトのみを対象として解析することですが、Web解析はそれよりも解析対象が広くなり、広告やSNSなどを含めたデジタル領域全般の解析を行います。

広告関連の分析

広告関連では以下の指標があります。

  • CPC
  • クリック単価

  • CVR(広告コンバージョン率)
  • 広告をクリックした数をCV数で割ったもの

  • CPA
  • 1つのCVを獲得するのにかかった広告費用。CPCをCVRで割ったもの

これらの計測により、「この広告は、CPCは安かったがサイトの最終的なCVの貢献度が低い」などが分かります。

ソーシャルメディア関連の分析

ユーザー同士が交流を行うソーシャルメディアについての分析も重要になっています。

  • 口コミ分析
  • ツイッターやフェイスブックから自社製品・サービスの反響を把握

  • 属性分析
  • ツイッターやフェイスブックで公開されている地域・性別などの属性の傾向を把握

  • 流入率
  • SNSからWebサイトへ流入した数の割合を把握

これらの解析を行うことによってSNSの使い方を改善し、Webサイトへの流入を増やすことが可能になります。

ビジネス解析

ビジネス解析はWebサイトから流入した実店舗での売上や問い合わせからの商談・成約も含めたものになります。

実店舗で購入した人がWebサイトから流入したかどうかはアンケートなどをとらないと計測が難しいですが、例えばサイトでの購入ではなく電話やFAXでの購入の場合、通常使用する電話番号とWebサイトに掲載する電話番号を別のものにすることによって計測できます。

  • CVR(Web問い合わせ)
  • Webサイト訪問した人の中で問い合わせを行った人の割合

  • 流入率
  • Webサイトを訪問した人の中で実店舗または電話・FAX等で購入した人の割合

  • 商談率
  • Webで問い合わせをした人の中から商談に持ち込むことができた数の割合

  • 成約率
  • Webで問い合わせをした人の中から成約できた商談の数の割合

このほかにもWebサイトからの流入から成約した顧客の単価や売上を把握すると、売上を1000万円あげるには、流入数かCVRか商談率や成約率のどこかを上げればいいことがわかります。

仮に流入数を増やすことを考えます。CVRや商談率・成約率はそのままを維持するとした場合、流入数をどのぐらい増やせばいいのか、目標とする売り上げから逆算します。

その結果、流入数を5000増やせばいいと判明したら、仮にCPCを100円とした場合、リスティング広告に50万円の予算を費やせばいいと分かるのです。

まとめ

Webサイトを最大限活用し、事業の成功に貢献させるにはビジネス解析まで含めて行うことが必要不可欠だということがお分かりいただけたかと思います。

アクセス解析から徐々に解析対象を広げていくのではなく、最初からビジネス解析に取り組みましょう。

そのためには常日頃から商談や成約を徹底的に計測し数値化し記録しておく必要があります。これを面倒だと思っているうちはWebサイトが活用できていないのと同じです。今日からでもすぐに始めましょう。

(監修:katharsis(カタルシス) 丸山純一郎(まるやまじゅんいちろう)
(編集:創業手帳編集部)

創業手帳

カテゴリーから記事を探す