法人税・法人住民税・法人事業税の違い?知っておきたい法人税の基本構造

資金調達手帳

法人税の仕組みを理解して納税に備える

(2017/05/13更新)

一般的に、会社は「法人税」を支払う義務がありますが、正確には「法人税等」と呼ばれており、複数の税金で構成されています。個人で支払っていた税金と違い、会社の法人税は少し複雑。そこで、今回は、法人税等を構成する3種類の税金について解説していきます。

本文を読む

「3つの税」から構成されている法人税

法人税等と呼ばれている税金は、「法人税」「法人住民税」「法人事業税」の3種類から構成されています。
「法人税」と「法人住民税」は、それぞれ個人の場合の「所得税」、「住民税」に相当。「法人事業税」が法人の場合に課税される税金となっています。

また、法人税は「国税」であることに対し、法人住民税と法人事業税は「地方税」となっています。

それぞれの違いは以下の表の通りです。

納税先 税金の対象 赤字計上の場合 損金算入
法人税 会社の所得に対して課される 支払い義務なし できない
法人住民税 地方自治体 会社の所在に対して課される 支払い義務あり できない
法人事業税 地方自治体 会社の所得に対して課される 支払い義務なし できる

それでは、それぞれの税金について詳しく見ていきましょう。

法人税(法人所得税)

法人税について、もっとも押さえておきたい部分は、会社の所得に対して課税される税金であり、利益に対して課税されるものではないということです。これは何を意味するかというと、会社の経理上の会計、いわゆる企業会計と、税務上の会計で考え方が少しのズレが生じるということです。

一般的に企業会計では「収益―費用=利益」となりますが、税務会計では「益金―損金=所得」という考え方になります。
収益と益金はほぼ同じ考え方なのですが、費用と損金はまったくの別物であると認識することが、法人税を知る上で非常に重要になってきます。

たとえば、企業会計で費用としているものであっても、いざ、税務会計をしてみると損金に算入されないものがあるからです。そのため、「所得」と「利益」は別物になるのです。

法人税は所得×税率23.4%(中小法人以外の普通法人の場合)の計算となるため「法人税=所得×23.4%」という式で表すことができます。したがって、所得が黒字ならば法人税を支払いますが、そうでない場合、法人税額は0円となるのです。

関連記事:法人税率を理解しよう!「法人税」の基礎と税率の考え方

法人住民税

法人住民税は、国税ではなく地方税です。法人であっても、自治体の公的サービスを享受しているという観点から、事業所を置いている地方自治体に対して納付すべき税金となっています。
法人住民税の計算方法は所得から算出された法人税額に住民税率を乗じた「法人税割」と、法人の資本金別等で定額の「均等割」から構成されています。

よって、「法人住民税=法人税割+均等割」という計算式が成り立ちます。

さらに、東京23区にのみ事業所のある法人は、例外的に「都民税」として一括となっていますが、それ以外の場合は「道府県民税」と「市町村民税」といったように自治体別に分かれており、これらを総称して「法人住民税」と呼びます。

※平成26年創設「地方法人税」

平成26年税制改正で創設された「地方法人税」は、地方という名前がついていますが、国に支払う国税になります。道府県民税及び市町村民税が合わせて4.4%下がり、その分地方法人税が4.4%上がるため、合計では納税額は変わりません。

関連記事:地方法人税の記事

この結果、法人住民税法人税割が12.9%、地方法人税が4.4%で合計で17.3%となります。均等割は、法人の資本金が1千万円以下かつ従業員50人以下とすれば、7万円となる計算です。

また、押さえておかなければならないポイントとして、均等割はその法人の資本金によって定額となっているものなので、必ず発生するものであること。つまり、法人住民税は法人税とは違って所得が赤字であったとしても支払わなければならないものだということです。

法人事業税

法人事業税は、地方自治体から法人が事業を営むことでそれに応じた負担を課すための地方税です。要は、法人が行っている事業そのものに課税される税金と言えます。「事業活動において、地方自治体から各種の行政サービスを受けている。だから、必要な経費は分担すべき」という考え方に基づく税ですね。

計算方法は、「法人事業税額=所得×法人事業税率」となっています。所得に対して税率をかけるので、赤字の場合はゼロということになります。

法人税や法人住民税と比べ、翌年度の損金に算入できる点が最大の違いです。税金でありながら費用として損金算入ができるというわけです。

例えば、東京都の法人事業税は年間所得によって3種類に分かれており、年400万円以下の所得では2.7%、年400万円超~800万円以下の所得では4.0%、年800万円超の所得の場合5.3%となります。

さらに、資本金1億円以上の企業の場合、「外形標準課税」という別の税金が合わせて課税されます。

これは、事務所の床面積や従業員数、資本金等及び付加価値などの外観から客観的に判断できる基準を課税ベースとして税額を算出する課税方式となっています。資本金が大きい事業だからこそ、法人の規模や活動量を基準に正しい課税の仕方をしようという考え方に基づいた方法なのです。

まとめ

法人税を構成する、3つの税金について理解できましたか?
法人税が国税であること。赤字でも払わなければいけない法人住民税。また、翌年の損金に計上が可能な法人事業税など、それぞれの税金に特徴があります。初めての法人税納付の際にあたふたしないように、しっかり理解しておきましょう。

法人税納付までにしっかり理解しておこう
法人税率を理解しよう!「法人税」の基礎と税率の考え方
2017年版 法人税の基礎から申告・納税まで
2017年版|法人税入門。申告のしかた/納税方法を徹底解説します!

(執筆:創業手帳編集部)

この記事のタグ:, ,

この記事に関連する記事

資金調達手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す