ヤフーの教育者 ・伊藤羊一氏に聞く。 伸びる起業家に共通する3つの条件

創業手帳

ヤフー株式会社・伊藤羊一氏インタビュー 第一回

(2016/09/14更新)

起業直後は、自分のやり方は正しいのか、描いているビジネスモデルを成し遂げられるのかなど、さまざまな悩みがつきもの。どうすれば現状を打破し、経営者として成長することができるのでしょうか。

今回は、ヤフー株式会社にて次世代リーダーの教育を担い、グロービス経営大学院の客員教授も務めている伊藤羊一さんに、成長する起業家の条件について教えていただきました。

yahoo_itoyoichi

本文を読む

伊藤 羊一(いとう よういち)
東京大学経済学部卒業後、1990年に日本興業銀行に入行し、営業や事業再生支援に従事。2003年プラス株式会社に入社し、物流ロジティクス等を担当後、マーケティング本部長、事業全般の統括を担当。2015年からはヤフー株式会社にて次世代リーダーの教育を行うYahoo!アカデミアの責任者を務める。その他、IBM Blue Hub、KDDI ムゲンラボ、MUFG Fintech アクセラレーター、学研アクセラレーター、森永アクセラレーター、Code Republicにてメンターやアドバイザーも務めている。

起業家の必要条件は「”強烈な”意志」

ー伊藤さんは、これまでの経歴の中で多くのベンチャー企業を見てこられたと思います。起業家の中で、「伸びる起業家」にはどの様な条件があるとお考えですか。

伊藤:業態によっても多少変わると思いますが、伸びる起業家の条件には「”強烈な”意志」「謙虚さ」「行動力」の3つにまとめられると思います。これはベンチャー企業の起業家に限らず、あらゆるビジネスパーソンに必要な要素と考えます。「”強烈な”意志」と言いましたが、この”強烈な”という部分が結構重要です。

ー「”強烈な”意志」というのは、成功する起業家にとって絶対に必要なものなのでしょうか。

伊藤:はい、絶対に必要だと思います。当たり前かもしれませんが、自分の志をしっかり持っていることは、起業家にとって必要条件ですね

“謙虚さ”は、”成長への貪欲さ”の裏返し

ー3つの条件の中で、「謙虚さ」を挙げられたのは意外に感じました。「強い意志」と相反するような気もするのですが。

伊藤:謙虚さについては、十分条件と言えるかもしれません。謙虚というのは、礼儀正しいとか、腰が低いという意味ではないんです。

例えば、他の人と話をしている時に、「それいいですね、真似させてもらいます」とすぐに食いついてくる人。私が話の内容を聞き返した時に、「どこが分からなかったですか」と踏み込んでくる人。

つまり、人の意見を聞き入れられる人って、すごく伸びるということなんでしょうね。「強烈な志」と「謙虚さ」は矛盾しているようですが、実際は同じこと。「強烈な意志」があるから、「そのためには何でも聞いてやろう」という意識が生まれるんだと思います。

ー言い換えると、「吸収することに貪欲」ということでしょうね。

伊藤:その通りです。だって、どんなにすごい人でも、自分一人の力だったら直線的に伸びるしかありませんよね。でも、チームの力や他の人からのアドバイスを素直に取り入れることで、加速度的に伸ばせます。夢を食べるバクのように、他の人からスキルや考えを吸収できる人は、とっても良いですよね。

ー第三者から、聞き出すのがとっても上手い人もいますよね。

伊藤:聞き上手な人って、多分コミュニケーション能力がずば抜けて高いんですよね。コミュニケーション能力の高さは、ビジネスモデルを成功させるために欠かせません。

私自身、個人的に話していて「面白いな」と思った若者がいます。すごく私の話に食いついてくるんですよ。で、詳しく聞いていくとKDDIさんも彼のことを支援していて。それを聞いたら、他の人も「KDDIさんや伊藤さんがサポートしてるなら、僕らも」という風にサポーターがどんどん増えているんです。もちろん、彼の人柄やビジネスセンスが良いということが前提ですけれど。

ー出資者もそうですが、最初に1人突破すると、次々支援の輪が広がるというとこがありますよね。

伊藤:そう。ビジネスにおいては、1+1=2ではないんです。自分一人では足し算していくしかありませんが、人との繋がりができると掛け算式に成長していくんですよね。上昇気流、スパイラルみたいに、好循環が生まれています。

yahoo_itoyoichi2

「前言ったよね?」は禁句

ーコミュニケーション能力については、メンバー間でも重要ですよね。この点について、経営者やリーダーとして大切にすべきものは何だと思いますか?

伊藤:そうですね。コミュニケーションは受け手が決めるものですから、「思った以上に伝わっていない」ことを念頭に置くべきだと思います。「相手の気持ちも、思った以上に理解できていない」とも言えます。だから、私も、くどいくらい同じことを言いますし、頭を使って説明します。何かを伝えるときには、全力になる必要がありますね。コミュニケーションは、そんなに簡単なものじゃないんです。

ー「前言ったよね」ということは意味が無いということですね。

伊藤:そうですね。だから、「前に言ったよね」は禁句です。伝わってなかったら、あなたが悪いんですと教えています。

ー相手に動いてもらって、初めて伝わったということですね。

伊藤伝えたというのはあくまで最初の段階で、そこから先の相手が動いたかどうかについては、伝える側が責任を持たないといけないと思います。

ビジネスモデルは、“アイデア”よりも”行動”

ー「強い意志」「謙虚さ」に続いて、「行動力」についてはどう考えていらっしゃいますか?

伊藤:ビジネスは、アイデアだけで何かが変わるわけではないですよね。実行して初めて形になるわけで。例えば、「俺は、Facebookが生まれる前からそのアイデアを思いついていた」と言われても、なんの意味もありません。つまり、どれだけ実行に移せるかが大切。動いて形にしてナンボだと思います。だから行動力が大事、ということです。

ー昔に比べると、起業家への支援環境が整ってきていますよね。

伊藤:そうですよね。起業家支援を行う人は増えていると思います。これから始めたいという人がサポートを受けられるチャンスがたくさんあるということですから、支援プログラムなどは、どんどん活用するとよいですよね。

ー公式なサービス以外にも、起業を志す人達のネットワークやイベントも増えています。考えようによっては、シリコンバレーに近づいているというか。

伊藤:そうですね。同じ立場で試行錯誤している人が、悩みを共有したり、情報交換したりできるネットワークに入ることは大切ですよね。どれだけ人に会えたかが大きな財産になりますから。東京でイベントが多いんだったら、地方に住んでいる人も積極的に出てきて欲しいです。

yahoo_itoyoichi3

他人からの刺激が成長の起爆剤

ー起業家が集まるイベントなどを見ていても、たまに参加する人ほど、なかなか輪に入っていかない…という状況をよく目にします。

伊藤:それはもったいないですよね。イベントの場で出会いを広げ、人脈を作ることで、潜在的なお客様に出会えたり、将来の仲間や、メンターを見つけられる可能性が増えますから。1回名刺交換しても何も生まれないかもしれませんが、2回目以降に会った時には「あの時に」「あー、あの時に!」と会話が生まれやすいじゃないですか。私もやみくもに挨拶しています。その場では名刺交換にすぎませんが、後々効いてくるので。

ー確かに、成功している経営者の方って、若手の起業家にもオープンに接してくださるスタンスの方が多い気がします。一方、起業家側が恐縮して自分から動けない…ということがありますよね。

伊藤:ですから、成功者には「強烈な意志」をもって、「謙虚に」どんどん話しかけて、食いついていく「行動力」が必要なんだ、と思います。人との出会いの中でどれだけのものが吸収できるかが、その後のビジネスにかなり生きてくるんですから。

ー外部からのインプットは重要ですよね。

伊藤:もちろん、インターネット等を通して情報収集をするのは大前提なんですけど、「あ!」というひらめきを得るためには、人としゃべって刺激を受けることが必要だと思います。いろんな人と話して、気づいて、その連続かな。

ー中でも、自分と境遇が近い「同質の人」と話すよりは、年齢や業種などが離れている「異質な人」と話すほうが得られるものが多い気がします。

伊藤:その通り。成長曲線を急上昇させるためには、他人の力をいかに使えるかがカギです。人とのつながりを上手に構築することで、可能性は掛け算式に増えていくんですよ

yahoo_itoyoichi4

(取材協力:ヤフー株式会社・伊藤羊一
(編集:創業手帳編集部)

創業手帳

カテゴリーから記事を探す