飲食開業手帳

おにぎり専門店の開業手帳

  • イートイン式のおにぎり店は、手軽な感じで幅広い客層のニーズに対応出来ます。また、最近はカフェ形式と言った、新しい形のおにぎり専門店も多くなっており、若い女性からも人気を得ています。
  • ファーストフード店、また、大手のレストランなど多くのお店が新規参入して、おにぎり専門店を始めています。また、最近はコンビニエンスストアでもおにぎりを扱っています。

    コンビニエンスストアの中には、高級おにぎりを提供しているところも多くなり、競争が激化しています。

1.開業に必要な手続き

飲食店を開業するためには、いくつかの届出が必要になります。

食品衛生法と食品衛生責任者

店舗所轄の保健所の食品衛生課に営業許可の申請を行う必要があります。食品衛生法の規定では各店舗に、食品衛生責 任者を1人置く必要があります。

食品衛生責任者は、調理師、栄養士、製菓衛生師などの資格が必要で、資格者不在の場合は、保健所が行っている食品衛生責任者講習会を受講すれば資格取得も可能です。

税務及び社会保険関係について

通常の開業手続きですが、個人の場合は税務署へ開業手続き、また、法人の場合はそれぞれの事情により、健康保険・厚生年金関係は社会保険事務所へ、雇用保険関係はハローワーク、また、労災保険関係は労働基準監督署、そして、税金関連は所轄税務署、または、税務事務所に申請を行う。

深夜酒類提供飲食店営業の届出について

深夜の時間(午前0時から日の出前)に酒類販売を行う場合は、公安委員会に対して、「深夜酒類提供飲食店営業」を届出る事になります。

また、不明な点は地域の警察署・保安係に問い合わせとなります。

2.開業にあたっての留意点・準備

開業の準備

おにぎり専門店のFCはあまり存在しませんので、実際の経営は独立店舗が基本です。おにぎりの製造はとてもシンプルである為、調理をする為の専用器具も必要ありません。

その為、初期投資は安く抑えられ調理ノウハウなども必要ありませんので、経験がなくても新規参入は可能になります。

立地条件

おにぎり専門店を経営する場合は、立地条件が大きく影響してきます。その為、客層が学生などに偏った場合は客単価も見込めませんので、様々な戦略を打ち立てる必要があります。

例えば、おにぎりと汁物をセットにするなど、工夫を凝らす必要があります。更に、味はそのままで、コストを引き下げる工夫も必要になってきます。

オリジナル商品の必要性

客単価が高い場合は、産地米やブランド米などを使用して、お店独自のオリジナル商品で勝負するのも良いでしょう。

イートイン形態のおにぎり専門店は、何といってもでき立ての味おにぎりが味わえるところに魅力があります。その為、食感にこだわりを持つなど、お客にこだわり感が伝わるように工夫してみて下さい。

具材の工夫

おにぎり自体は家庭でも簡単に作れますので、中に入れる具材も色々と工夫する必要があります。梅干や鮭などの他に、他店にはない具材を入れてみるなど、サイドメニューを工夫することも大切です。

同業他社との差別化

コンビニエンスストアのおにぎりとの差別化を図る為、具材を高級化し、また、新しい具材で勝負するなど、新規メニューを開発してみて下さい。

おにぎり専門店は、お客のニーズに合った具材を提供出来るところに魅力があります。また、出来立てのおにぎりも提供できます。そのような魅力を感じさせるように、コンビニエンスストアとの差別化を具体化する必要があります。

更に、「和」の意識を強調する為、和装品や呉服店といった小売店との共同出店も視野に入れてみて下さい。

3.必要資金例

準備中

4.ビジネスプラン策定例

準備中

5.入っておくべき保険

準備中

6.必要になる契約書

準備中

開業に精通した専門家をご紹介します

下記フォームからご希望内容を入力の上、送信ボタンを押してご依頼・お問い合わせください。 ※紹介料は一切発生しません。
お名前必須
お名前(ふりがな)必須
メールアドレス必須
電話(ご連絡のつく番号)必須
会社名・屋号(任意)
※起業前の方は未定とご記入ください。
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)(任意)
会社設立日(任意)

ご相談種類 必須

ご紹介依頼・ご相談内容詳細必須
referrer
  • ご依頼にあたっては「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご依頼内容によってはご希望に添えないケースもございますのであらかじめご了承ください。

飲食店に関するお店ごとの開業手帳