”もしも”のリスク、わかっていますか?不安を捨て去り事業を拡大させよう!

創業手帳

後回しにしがちなリスクマネジメント…創業時こそ、会社の存続に関わります!!

Closeup stressed young woman and yelling screaming

(2015/08/18更新)

創業を検討している時や創業当初は希望と不安が入り混じった複雑な心境だと思います。

創業当初は、事業を安定的に成長させるために「マーケットは?」「製品・サービスは?」「資金繰りは?」と考える事ややるべき事が非常に多い時期ではありますが、事業を安定的に成長させるためには守りの部分である「リスクマネジメント(危機管理)」も同時に考えておく必要があります。

非常にわかりにくい分野であるリスクマネジメントについて、創業時に検討・実行しておくべきポイントについて解説します。

本文を読む


リスクの確認

最初に行わなければならないのが、ご自身が行う事業において想定される「リスクの認識」です。

どのような事業を行うのか?どのような形態で行うのか?マーケット・対象は誰なのか?という事業のアウトラインが固まってきますと、事業において想定される「リスク」が浮き彫りになってきます。

全事業に共通しているリスクは、「自然災害」「経済環境変化」「法令遵守」などが挙げられます。
 
自然災害」は例えば、地震が発生した場合にどのような影響があるのか?社員や家族の安全をどのように確保するのか?地震により事業所に被害を受けた場合にどのような影響がおきるのか?台風が接近した場合に水害等の被害が発生するのか?などを確認しておかなければ、自然災害が発生したら事業が継続出来ないという事にもなりかねません。

経済環境の変化」とは、為替レートや日経平均株価が上昇(低下)した際に、自社の事業にどのような影響があるのか?東京オリンピック後にどのような経済状況になるのか?その時に自社はどのような影響を受けるのか?など経済環境の変化によってどのような影響があるのか?を想定して事業計画と連動して検討しておく必要があります。

法令遵守」とは、一般的な法令だけでなく、業界特有の関連法規をしっかりとチェックし、どのような決まりがあるのか?何をしてはいけないのか?法令を遵守する事で事業にどのような影響があるのか?または関連法規の改正リスクはあるのかどうか?などを確認しておかなければなりません。

これら事業を行う上で想定されるリスクに対して、正しく認識したうえでリスクの洗い出しを行い、それぞれのリスクに対して評価を行う必要があります。

リスクの評価

確認したリスクごとに、それぞれのリスクに対して発生頻度はどのくらいなのか?発生時の影響度はどうなのか?を測定し、それぞれのリスクについてどのような対策を行うのかどうかを判断します。

<リスク評価の概念図>

<リスク評価の概念図>

発生頻度多・発生強度大

発生頻度も多く、発生した際の損害も大きいようなリスクについては、そもそも事業継続が正しいのかどうか?という点から見直しをする必要があります。

このようなリスクはリスク転嫁が困難です。そのために自社においてリスク低減への取り組みを行わなければ事業継続に疑義が生じますので、早急に対応が必要です。

発生頻度少・発生強度大

自然災害や業務上の過誤による損害賠償請求など、発生頻度は少ないが発生した際の損害は甚大になるようなリスクがこれに該当します。

このリスクについては、多くは損害保険商品によるリスク転嫁が可能ですので、保険商品を活用して低コストでリスク転嫁が出来ないかどうか?を検討します。

発生頻度多・発生強度小

業務上の災害や従業員の退職・取引先の倒産等による貸倒損失・小売店における万引き等の盗難など発生頻度は高いが発生した際の損害が少ない分野がこれに該当します。

この分野についても損害保険商品によるリスクヘッジが可能である場合が多いので、保険商品を活用したリスク転嫁と同時に、予算化や会計上の引当金計上などを活用して自社でリスクを保有することも検討出来る分野です。

発生頻度少・発生強度小

発生頻度も少なく、発生した際の損害も小さいものであれば、リスクマネジメントの対策としては、最後に検討する内容になります。利益に甚大な影響を与えるものでなく、経常利益の範囲内で対応出来る間は、優先順位は低くても構わない分野です。

創業手帳

カテゴリーから記事を探す