「neoAI」がAIによる顔アイコン生成サービス「DreamIcon」をリリース

tool

2023年1月6日、株式会社neoAIは、新サービス「DreamIcon」をリリースしたことを発表しました。

「DreamIcon」は、自分の写真を10枚アップロードすることで、AIによって20種類以上のテーマに沿ったアイコン画像を生成するWebサービスです。

2022年8月にGoogleが発表した最先端の画像生成AIをベースとしており、短時間でユーザーを学習し、特定の人物の画像の生成を実現しています。

今後、toB向けに企業独自のテーマに沿ったアイコンを生成するサービスや、犬・猫などペットの画像を生成するサービスを提供していく計画です。

neoAIは、レコメンデーションAI・画像処理AI・生成AIをコア技術に、企業のAI導入から運用までを一気通貫で支援するAIパートナー事業を展開する東京大学発AIスタートアップです。

2022年7月12日、無料で利用できる画像生成AI「Midjourney」のオープンβ版が公開されました。

そして、2022年8月23日に無料の画像生成AI「Stable Diffusion(ステーブル・ディフュージョン)」が、2022年10月3日に日本のアニメ・マンガ風の作画に強いAIモデル「NovelAI Diffusion」が公開されました。

画像生成AIとは、テキストを入力することで人間が描いたようなイラスト・絵画を生成するAIのことです。

「Midjourney」のリリースから話題を呼び、多くのユーザーが画像生成AIでイラストを生成し、SNSなどに投稿するなどして楽しんでいます。

さらに画像生成AIを利用したゲームも登場するなど、さらなる広がりも予感させられます。

画像生成AIは基本的にテキストをもとに画像を生成するものですが、neoAIの新サービス「DreamIcon」は、画像から画像を生成するという点、固有の人物を生成する点が特徴的です。

AIは、ビジネスの世界においてはこれまで非効率的だった業務を大幅に効率化するなど、大きな革新をもたらしています。企業の利益を最大化するために重要な取り組みであるため、もし非効率的な業務があるのならば、最適なソリューションを探すことが必要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考になさってください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ AI DreamIcon neoAI Webサービス アイコン 株式会社 生成 画像
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

中国アニメ映画の配給などを行う「チームジョイ」が「トムス・エンタテインメント」と資本業務提携
2022年8月2日、チームジョイ株式会社は、株式会社トムス・エンタテインメントと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 チームジョイは、映画の企画・制作・宣伝・配給や、IPの開発・管理・売買・…
ショッピングSNS「PARTE」運営の「REGALI」が資金調達
2020年3月16日、株式会社REGALIは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Kastane」「Discoat」などを運営する株式会社パルなど、複数のアパレル・ブランドとの連携を開始し…
ノーコードWeb制作ツール「STUDIO」クリエイターの案件マッチング/コミュニティ「STUDIO gather」がリリースへ
2022年1月20日、株式会社gazは、新サービス「STUDIO gather」のティザーサイトを公開したことを発表しました。 「STUDIO gather」は、STUDIO株式会社が提供するノーコー…
電動キックボードシェアリングサービス展開の「Luup」が7.5億円調達
2021年5月19日、株式会社Luupは、総額7億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 電動キックボードや小型電動アシスト自転車などの、電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「…
障害者就労支援事業所専門BPOプラットフォームを運営する「ミンナのミカタHD」が資金調達
2023年1月27日、株式会社ミンナのシゴトは、株式会社ミンナのミカタHDが資金調達を実施したことを発表しました。 ミンナのミカタHDは、子会社である株式会社ミンナのシゴトを通じてITデータ入力作業提…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ