注目のスタートアップ

製造業向け異常検知AIソフトウェアを提供する「アダコテック」が4.2億円調達

company

2022年7月28日、株式会社アダコテックは、総額4億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、2022年4月27日には、総額11億円の資金調達の実施を発表しています。

アダコテックは、効率的な異常検知を可能とする製造業向けの異常検知AIソフトウェアを提供しています。

このAIソフトウェアは、国立研究開発法人産業技術総合研究所が開発した「高次局所自己相関(HLAC)特徴抽出法」を用いた画像解析技術を活用しています。

大手自動車会社など累計145社に導入されており、2021年度にはドイツへも進出しています。

異常検知は、製造業などにおいて出荷する製品に異常がないかを調べる作業です。

以前は経験者による目視での異常検知が行われていましたが、AI技術の進展によりAIを活用した異常検知が可能となりました。

目視での異常検知は、見逃しなどのヒューマンエラーや人件費が課題となっていました。

AIで異常検知を代替することでこうしたヒューマンエラーをなくし、人件費を削減できるため、多くの工場で異常検知AIの導入が検討されています。

アダコテックの異常検知AIソフトウェアは、不良データを必要とせず少量の正常データのみで学習できること、高価なGPUが不要で汎用的なPCで処理できること、検知結果がブラックボックス化せずにPDCAを高速に回すことができること、といった特徴があります。

国内は海外と比べて異常検知AIの導入が進んでいないのですが、それは日本での品質管理は100万個中何個というレベルで行われているため、通常の数の教師データを必要とするAIでは、不良データを十分な数用意できないため、異常検知AIを利用することができなかったのです。

アダコテックの異常検知AIソフトウェアは、日本基準の品質管理においても導入可能な異常検知AIであり、今後もその導入数を伸ばしていくと考えられます。

株式会社アダコテックのコメント

このニュースを受けまして、株式会社アダコテック 代表取締役 河邑亮太氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

新規事業として組み込み型のモデルの立ち上げ、提供領域の拡大とグローバル展開の推進、それらを実現していくための組織規模拡大のための採用のための資金となります。

・今後の展望を教えてください。

「モノづくりの進化と革新を支える」というミッションを掲げ、日本発のディープテックカンパニーとして製造業の検品分野における技術的なグローバルスタンダードを確立し、業界全体のDXを推進して参ります。

・読者へのメッセージをお願いします。

アダコテックはこれまで15年を研究開発に投資し、ようやく世の中にお役に立てるプロダクトを開発するに至りました。今回の資金調達を機に、サービスをさらに磨き込み、モノづくりの進化と革新を支えるというミッションに向けて尽力して参ります。今後ともぜひご支援のほど宜しくお願い致します。

AIなどのテクノロジーは世界的に導入が進み、多くの企業が競争力を高めています。そのためテクノロジーの導入に遅れてしまうと相対的に競争力が落ち、大きな損失につながってしまいます。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI アダコテック ソフトウェア ものづくり 株式会社 異常検知 製造業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

医師向け臨床支援アプリ提供の「HOKUTO」が8.25億円調達
2022年2月8日、株式会社HOKUTOは、総額8億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 医師向け臨床支援アプリ「HOKUTO」を開発・提供しています。 最新の医学情報の配信、入手し…
保険代理店「プロエージェント」がコロナ禍で困窮する飲食・環境・宿泊・アパレル業の再建を支援する「GROWTH」と提携
2020年9月15日、株式会社プロエージェントは、「GROWTH」と提携したことを発表しました。 プロエージェントは、三井住友海上火災保険株式会社の格付制度で最上位の新特級TGA保険代理店です。 「G…
AIプラットフォーム運営の「ABEJA」が42.5億円調達!
平成30年6月29日、株式会社ABEJAは、総額約42億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 既存株主であるPNB-INSPiRE Ethical Fund 1 投資事業有限責任組合…
「MICIN」が医療機関の外来診療向けキャッシュレス決済サービス「クロンスマートパス」をリリース
2022年9月20日、株式会社MICINは、新サービス「クロンスマートパス」の提供を開始したことを発表しました。 「クロンスマートパス」は、事前にクレジットカードや保険証を登録しておくことで、医療機関…
旅行に関するオフライン体験をDXするシステムなどを提供する「aipass」が2億円調達
2022年10月26日、aipass株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社Coral Capitalと栖峰投資ワークス株式会社です。 aipassは、旅行に…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ