注目のスタートアップ

会話サマリーAI電話「ピクポン」を提供する「pickupon」が2.4億円調達

company

2022年6月15日、pickupon株式会社は、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

pickuponは、会話サマリーAI電話「pickupon(ピクポン)」を開発・提供しています。

「pickupon」は、電話で話した内容のサマリーをAIがテキストと音声で作成し、自動入力・共有するサービスです。

顧客との会話内容を自動的にチームのワークスペースに共有することで、営業の架電シーンにおける入力漏れの防止、入力コストの削減を実現します。

今回の資金は、顧客との対話を理解し、複数のインサイトの提供を実現する「ユーザーインサイトの検索エンジン」の開発を強化します。

また、テキストから音声へインターフェースの変革が起こる未来を見据え、音声入力技術を向上させていきます。

音声は、声の抑揚などの感情、会話するタイミング、会話の内容、会話量の配分など非常に複雑な要素が絡み合っています。

そのため従来までのテクノロジーでは音声を詳しく数値化することは難しかったのですが、AI技術が発展したことで、音声からさまざまなデータを可視化できるようになっています。

音声のテキスト化はもちろん、感情やコミュニケーションの質の可視化が実現され、とくに営業における電話やコールセンターの業務効率化などに活用されています。

「pickupon」は、営業における通話内容をテキスト化し、重要なポイントをピックアップするため、文字起こしや要約作業を大きく効率化できるAI電話です。また、業務効率化だけでなく、通話内容が1次情報として残るため、組織全体で顧客の生の声を活用し、企業の成長につなげることもできます。

顧客体験の重要性が高まっている現在では、顧客の生の声は顧客のニーズを掘り起こし適切な施策を行うための貴重なデータでもあります。AI電話などのツールを導入し、貴重なデータを取得できるようなシステムを構築することが肝心です。

AIはこれまでなかったようなサービスを次々誕生させています。業務効率化に大きく貢献するサービスもあるため、自社に最適なものを導入すると良いでしょう。「冊子版創業手帳」では、社内システムの構築のノウハウについて詳しく解説しています。業務効率を向上させるツールを導入し、ビジネスを加速させましょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI pickupon サマリー テキスト ピクポン 会話 作成 入力 共有 営業 株式会社 自動 自動化 資金調達 電話 音声
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

カンボジアBOPファイナンス事業や小型家電リサイクル事業など展開の「リネットジャパングループ」が1億円調達
2020年7月28日、リネットジャパングループ株式会社は、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 これは、百五銀行が取り扱う「百五SDGs私募債(企業応援型)」によるものです。 リネットジャパ…
「TABETE」展開の「コークッキング」が「茨城県」とフードロス削減に向けた連携協定を締結
2021年8月2日、株式会社コークッキングは、茨城県と、「食品ロス削減に向けた連携協定」を締結したことを発表しました。 コークッキングは、フードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」を運営して…
独自冷凍技術により地域のパン屋さんと消費者をつなぐ「パンフォーユー」が資金調達
2021年2月8日、株式会社パンフォーユーは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社ギフティとは、資本業務提携契約を締結しています。 パンフォーユーは独自開発の冷凍技術を活用し、個人向…
「創業手帳」によるゲーム形式のセミナー「「エンジェルゲーム」~シード期の資金調達を体験する~」が12/7に開催
創業手帳株式会社は、「「エンジェルゲーム」~シード期の資金調達を体験する~」を2020年12月7日(月)に開催することを発表しました。 「「エンジェルゲーム」~シード期の資金調達を体験する~」は、シー…
衛星データ解析システム開発の「スペースシフト」が5億円調達
2021年2月16日、株式会社スペースシフトは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 衛星データ解析システムの開発を行っています。 開発する新たな方式では、専門家でも判読が難しいSAR衛…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ